uniquePic

Z9/Z6II/Z50/X-E3で写真撮ってますけど特別ニコンが好きな訳ではないです

白山で夏を感じる

ブログを書かなさ過ぎて書き方を忘れただいたいいろです。

もう本当に忘れるの・・・どんな構成してたのか確認するため過去記事読んでたら日付が変わることもしばしば・・・

そんなことしてたせいで記事を出すタイミングが遅れ、
今更ながら6月頭に登った白山についてまとめてみました!

■ 白山とは?

弊ブログでは珍しい石川県と岐阜県にまたがるお山。
標高は2702m。

森林限界を超えてからはなだらかな平原が広がっており開放感は抜群。
池が点在しておりお池めぐりが楽しめる山として県公式HPなどで紹介されています。

白山自身に山頂はなく御前峰、大汝峰、剣ヶ峰の3峰から構成されています。
剣ヶ峰に登山ルート(破線ルートはある)は設定されていないため登れませんが
御前峰と大汝峰は山頂を踏むことができます。

登山ルートは驚くほど多彩です。
代表的なものは

  • 別当出会から砂防新道ルート
  • 大白川ダムからの平瀬道ルート

の二つ。

どちらのルートも行動時間は5時間程度。
急な崖や鎖場もなく比較的歩きやすいとされています。

色々な理由(本文冒頭参照)から今回は別当出会ルートを選択。
別当出会ルートは7月以降の夏山シーズンに入ると市ノ瀬ビジターセンターからマイカー規制が実施されます。
6月はマイカー規制がなく別当出会まで車で上がることが可能です。

別当出会から白山室堂、白山室堂から登れる2峰の山頂を踏んでから下山
という行程を一泊二日で楽しんできました!

■ まさかの9時半スタート

やあ、みんな、おはよう

必ず証文を取り返したくなるような始まりですが・・・
6月初旬の晴れた日、時間は驚きの9時半ッ!

登山を開始するにはちょっと・・・いやだいたいいろの極遅ペースを考えるとかなり遅い始まりです。

当初予定では大白川ダム方面から登る予定でしたがなんと驚きの通行止め中・・・ッ!
事前に各種HP確認したのにうまく情報が読み取れていなかった模様・・・

通行止めの標識の前で途方に暮れたところで問題は解決しない!
そんな気持ちで車を走らせ、岐阜→富山→石川と県を跨いだ移動してたらスタートが遅くなりました!!!

そんな波乱の幕開けとなった白山登山・・・
スタートのバタバタとは違い天気は快晴ッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

これは期待できるぞ!と駐車場を後にします。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

駐車場から登山道入り口までは約10分ほど樹林帯の中を歩きます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

こちらが別当出会登山口。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山口で観光新道ルートと砂防新道ルートに分岐します。

観光新道方面は崩落があったらしく通行止め(この登山はとにかく道に悩まされました

大人しく吊り橋を渡って砂防新道方面へ進んでいきます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

こちらの橋板、冬は外されているそうです。
その上をみなさん歩いていくそうで・・・考えただけでも恐ろしい・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

だいたいいろは高所恐怖症なので無理そうです

渡り切ったところで始まるのは夏山らしい樹林帯ッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

これだよ・・・この風景だよ・・・!
足を止めても凍死しない、命を危険にさらさなくても進める道・・・
これが本来の登山なんだよ!!!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

スタート地点から意味不明なことをつぶやきながら進んでいきます(

歩き始めて30分強で最初のポイントである中飯場に到着。
こちらの標識に従って登っていきます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山地図上にトイレ表記あるけど6月頭時点では使えませんでした。
設備自体は綺麗だったので繁忙期は使えるのかも、です。

森林限界はまだまだ先ですが切り立った崖の上に登山道があるせいか割と開放感ある・・・気がする

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

こんな恐い標識もあるので気をつけて進んでいきます!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

6月の頭とはいえ山の上はまだ春。
山桜が出迎えてくれます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

足元には鉱山植物・・・夏山っていいなぁ・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山口から登ること約1時間半。
足元には雪・・・ッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

6月なのに雪!

いやー涼しーとならないから不思議。

残雪はありますがずっとあるわけではなく夏道が出ている部分もチラホラ。
そこまで緩くないのにアイゼンなしでも登れます!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

力こそ正義ッ!

アイゼンの付け外しは何気に手間がかかるのでこれは助かる・・・ッ!

トレースというか踏み跡?はしっかり残っているので迷うことはなさそうです。

ここまで急な登り!みたいなのはなく緩やかな登りが続いている印象です。
なんだか優しい山です。

そこまで疲れてないぞと思いながら歩くこと2時間半。
視界が広がると同時に見えてるく人工物・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

甚ノ助避難小屋に到着です!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ここで小休止。
docさんが持ってたスポーツ羊羹を頂いたりします。

いやこれがまた美味しいんですよ。ほのかな塩気と程よい甘みが。
なにより口の中の水分を全部持っていかないところが本当にいい!

カロリーメイトより全然食べやすいぞ・・・
行動食のレギュラーに入れるかもしれない・・・ッ!

甚ノ助避難小屋前の視界は良好(

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登り始めの快晴はどこに行ったの・・・?
今にして思えば日差しがなかったことで体力の消耗が抑えられたのかもしれません。

■ 雪渓を行く

下層に雲が集まっているだけと信じてさらに標高を上げていきます!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

甚ノ助避難小屋から先はちょっと傾斜がついてきます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

さすがにアイゼンを装着。
うし滑りにくくなるぞ、ペースは落ちるけどな(

滑り落ちないように注意が必要!
こんな感じなので滑落したら止める自信ない・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ここから黒ボコ岩までの1時間、部分的に露出している夏道を挟みながらずっとこの雪渓の上を歩きます。
気が抜けない・・・

踏み跡がしっかり残っていので迷う心配がないのは安心ポイント。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

途中で振り返っての1枚。
雲は薄い・・・薄いけど晴れない・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂もこんな感じだと心折れるなーと思考は相変わらずのマイナス方向です。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

標高はプラスされているけどな、ガハハ、ガハハ(FF7Rにそろそろ手を出そうかなと考えている顔

黒ボコ岩までの1時間が一番標高を上げていきます。
急な登りと平坦な道、雪と夏道、いろいろな要素が混じった登山道が楽しいぞ。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

本来なら夏道の階段を登っていく場所なのでしょうが今回は雪の上を進んでいきます。
ちょっとだけショートカットできるのはこの時期だけの魅力では

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂に近づくにつれ雪が少なくなり、ついに夏道と合流!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

おっ?空が・・・晴れてきた・・・?

登山道から3時間半。
山頂への入り口たる黒ボコ岩に到着ッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

本当に黒くてボコってしてる(語彙力

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ここで小休止。
登ってきた道を振り返っての1枚。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

まだ6月頭ですが空の雰囲気はもう夏山ですね。

こちらは山頂方面。
山頂はまだまだ遠く感じるし、本日の天国たる白山室堂さんの姿が見えないぞ。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

黒ボコ岩から白山室堂さんまでは約30分、第一のピークにあたる御前峰まではもう1時間といったところです。

まずは白山室堂さんに向けて足を進めていきましょう!

黒ボコ岩を超えると弥陀ヶ原へのアプローチが始まります!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

うん!山頂が見えないッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

安定のガスですね(
晴れていれば気持ちのいい夏山が見れただろうな

まあ雲はクッソ薄いので期待は裏切られないでしょう

弥陀ヶ原には残雪がしっかりありますが道は平坦。
アイゼンの重さも気にならないくらい足取りも軽く進めます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

残雪を生かしてソリ遊びしてる人いますねー。
めっちゃ楽しそう!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

15分ほど歩くと弥陀ヶ原の終点に到着。
最後に待っているのは・・・なんと階段ッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

4時間ほど登山した後、ここに来ての階段はツライ・・・ッ!
息を切らすというか呼吸するのもやっとな感じで1段1段踏みしめるように進んでいきます。

山頂にはだいぶ近づいたのに白山室堂は見えてこない・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

クソが!早くコーラ飲ませろよ!と悪態をついたところで見えてくるのが・・・
本日のお宿、白山室堂です!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

よかった・・・ちゃんとあった・・・(ちなみにコーラじゃなくてジンジャーエール飲んだ
建物自体は大きいのに弥陀ヶ原から全く見えないのなんか不思議です。

受付を済まし時計をみると・・・時刻は14時をちょっと回ったところ。

白山の山頂というかピークは二つ。
最高標高となる御前峰とその奥にある大汝峰。

小屋泊ということもあり時間の余裕があるので本日の最終目的は大汝峰に設定します!

白山室堂から大汝峰までは約2時間。
すぐに出発してしまうとただ快晴の山頂に立つことになり、それは少し勿体ない。
ということで少し休憩し、夕日に染まる山頂に立つことを選択。
それまでしばしの休憩を取ります。

■ 夕焼けの山頂へ

・・・

はい!寝すぎた!
16時前に出発しようとしたのに起きたのが16時!
夕日の時間にギリギリ間に合うか・・・!

急ぎ山頂に向かうため白山室堂さんを飛び出し・・・
クソみたいにガスっとるやないか・・・ッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ちょうど雲が掛かっているタイミングだと信じ山頂へ足を向けます!
本当に真っ白だな!!!見た目だけは涼しいぞッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂までは緩やかな登りが続きます。
階段もしっかり整備されているのでとても歩きやすい

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

全ての登山道がこんなに快適ならいいのに・・・

10分も歩かないうちに・・・よかった・・・ガスが晴れてきた。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

白山室堂ビジターセンターを出てから約20分。
高天原に到着!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

・・・ん?こんな急に神々が生まれる地が出てきていいのでしょうか?
天岩戸とかあったりしないでしょうか?
ちょっと期待したいです。

山頂にあるお社の屋根が見えてきましたねー

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

見えていれば近い。
登山やる時はいつもそう思ってます(

白山室堂ビジターセンターに寄っての1枚。
こうやって見るとかなりの規模ですね。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

道中の曇天が信じられないくらいの空が広がっています!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂はもうすぐそこ。
足取り軽く石段を登っていきましょう!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

白山室堂からゆったりと登ること約1時間。
御前峰に到着です!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

無事に到着できたことに感謝を伝えます!

こちらは奥宮になるそうです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

低層にはしっかりとした雲。
山頂まで雲が上がってこないことが奇跡みたいだ・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂標識はお社からちょっと離れたところにあります。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂標識は石造りのしっかりとしたモノです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

その先にあるのは・・・次に目指す大汝峰。
夕日はここで拝む予定です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こちらは剣ヶ峰。
登山道は整備されていないので登ることは出来ないようです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

少し色がついた白山室堂。
暖色に傾いているので優しい雰囲気になります。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

docさんに
「もうここが雲ノ平ってことでよくない?3日も4日もかけて登る必要なくない?」
と本音が漏れだしてしまいますが
「いやちゃんと行きましょうよ」
と即答されました(

もうここまでお腹いっぱい感ありますが、もう少しだけ頑張って大汝峰を目指します。

御前峰から大汝峰のルートはちょっと歩きにくいです。
大きな岩と細かい砂が入り混じっており歩くのにちょっと気を使います。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

滑りやすいですがそこまで難しくないのかな?と思いますが・・・ 鞍部には雪渓渡りが待っているので安心してください(

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

御前峰から10分ほど下りたあたりはガイドがしっかりしている箇所と・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そうでない箇所が入り混じっている感じです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

だいたいいろ達もルートを見失いながら進みましたし、
確実にルートから外れているパーティーもいました。

なんとかルートを読み取り進むといよいよ雪渓への取り付きが始まります!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

鞍部にあるのは千蛇ヶ池。
竜の目の開眼はまだ早いようです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

「死んだ魚の目」とか言った空気読めないニコン使いのフォトグラファーがいたららしいですよ(

夏道が顔を出していることから残雪はかなり少ない模様。
すぐに本当の夏山がくる・・・ッ!去年は楽しめなかったので今年こそは!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

先の夏山よりまずは目の前の雪渓を乗り越えていきます。
ちょっと緩いですがアイゼンを出すほどではなく、足のパワーだけで乗り越えていきます!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

中州部分には夏道が顔を出してくれます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

御前峰方面を振り返っての1枚。
歩いていても感じましたがアップダウンの少ない稜線は気持ちのいい形してますね

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

大汝峰直下まではなんてことのない平原が続きます。
夏道がところどころ隠れていることもあり、ルートがちょっと読みにくいので注意が必要です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

体力のないだいたいいろのペースが上がらず夕日に間に合わない可能性が高く、体力に余裕のあるdocさんに先行頂き一回お別れします。
俺の分まで夕日を楽しんでくれ・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂から約30分。
なんとかお池巡り分岐に到着です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

左に行くと白山室堂へ、右に行くと大汝峰へ続きます。
もちろん右の大汝峰へ向かいますッ!体力が尽きてフラフラだけどなッ!

幸いなことに山頂直前以外のアップダウンは少なめ。これならなんとかなる!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂手前にはちょっとした雪渓あり。
ほどよく腐っておりサクサクと進めます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

途中にある雪渓の上からの1枚。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

下層の雲が厚く地上がまったく見えない不思議な光景が広がります。
こんな光景を見るたびに「自分以外の人類が滅んだのでは?」と毎回考えてしまいます。

人のいない山ってそれくらい静かなんですよね・・・

そんな落ち着いた気持ちで大汝峰に取り付いていきます。
歩きやすかった道はここからは一転、岩場の間をすり抜けるような道が続きます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

マーキングはしてありますがちょっと見つけにくいところがあります。
ルートから外れるとリスクのある場所なので注意が必要です。

御前峰方面に振り返っての1枚。
西側に太陽が沈むタイミングなので影が少なく優しい印象にまとまってます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登山写真と言えば彩度・コントラストが高めのいわゆる「強い写真」のイメージがありますが、この雰囲気は真逆。 山の違った一面を見ることが出来たので夕日の時間に登ってきて正解だったかも。

周りの優しい雰囲気とは別に足元はちょっと過酷。
筋肉を大きく動かさないと登れないような岩場があり体力の最後1目盛りまで奪っていきます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

大汝峰に取り付いてから約10分。 残すは山頂までの緩やかな登りのみ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

夕日にはなんとか間に合いそう!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

御前峰から約1時間・・・1mmの体力も残さずに歩いた先にあるのが・・・
大汝峰山頂です!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

見た目ほど距離と標高差は感じなかったな・・・

夕日と青空のトーンが綺麗な時間帯での登頂となりました。
タイミングとしてはベストだったのでは?

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂には我々しかいないので思い思いの撮影に勤しみます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ただの雲なんですよね。
それが集まり、雲海になって、そこに夕日が加わる・・・それだけでもう美しいです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

お社跡と夕焼けのどこか物悲しい組み合わせ。
静かな山頂と相まって落ち着いた気持ちにしてくれます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

剣ヶ峰と御前峰方面の1枚。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

同じ夕日なのですがこちらは少し暖かい雰囲気に・・・
この差はどこからくるの?

先ほどの二峰に少し寄った1枚。
右下にある竜の瞼はまだ重たそう。寝起きに時間がかかるタイプでしょうか。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

決して死んだ魚の目とかではないです(2回目

太陽と地面の距離がだいぶ近づいてきました。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

少し肌寒いこともありアウターを着込みます。

雲のかかり方がナイスな1枚。
稜線に雲が当たりすり抜けているような印象を与えてくれます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

18時半なのにまだ空はだいぶ明るいです。
日が長く極端に気温が下がらない、夕日を狙うには一番適した時期なのかもしれませんね。

いくら歩きやすく整備された道が続くとはいえナイトハイクはなるべく避けたいところ。
なので完全に暗くなる前に下山を開始します。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

うん。
悪くない夕日だ。今年の夏山も楽しめそう。この時は間違いなくそう思いました。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登るのはツライけど下りるのは早い。 下山を開始してから10分ほどでお池巡り分岐に到着。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

白山室堂へ帰るのでもちろん直進します。

途中で雪渓を横切ります。
気のせいなのでしょうが気温が下がったこともあり雪が少し硬く感じます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

いいトーン出てますね。
足を滑らせたら恐ろしいことになりますが(

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雪渓自体はものの10分ほどで終了。
後は夏道を歩いて・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

白山室堂ビジターセンターへ向かうだけ!

と思ったらもうしばらく雪渓が続いていました。
角度もついてなく雪がほどよく腐っていることもありサクサクと下山できます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

無事に白山室堂へ戻り少し遅めの夕食、そして暖かいコーヒー(docさんが用意してくれた)を頂き1日目の終わりとしました。

■ 下山は波乱なし

時刻は5時半。

見た目は快晴ですが御前峰は雲の中、かつ午後から一気に崩れる予報のため早めの下山を開始します。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

御前峰の方向見ちゃうと登らなかったことを後悔するので下山方面だけを見て・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

なんぞこの景色・・・!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そう。昨日は低層に溜まった雲のせいで見えなかったのですが白山は周辺の山も美しい。

後悔するなーと思いつつ振り返った御前峰方面。
山頂はちょうど雲の切れ間・・・あの中にいる人は絶景を味わえているのかなー

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

本当に平らな弥陀ヶ原。
月面みたいな光景が広がっています。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

少し雲が上がってきました。
太陽の光が拡散され幻想的ながら少し怖い雰囲気に変わります。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

20分ほどで黒ボコ岩まで戻ってきました。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここから一気に標高を下げていきますよー

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

滑り落ちそうな角度の雪渓。
登る時よりも下るときの方が怖さを感じさせます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

慎重に、慎重に足を進めます。

時刻は6時半。
まだ柔らかい日差しが正面の別山を照らしてくれます

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登りより余裕があるせいか道の状態が気になります。
ちょっと崩落しており足場がかなり狭くなってる箇所があります。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

砂防新道の難点はこれ!
甚ノ助避難小屋を超えるまでずっと別山が見れること!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

同じ景色続くなーとか思いつつも、足を止めて撮影してしまうのでペースは落ちます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

下り始めてから約1時間。
甚ノ助避難小屋が確認できるポイントまで下りてきました。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

甚ノ助避難小屋を超えると雪がなくなるのでそこまではアイゼンを付けての下山です。

高くなった太陽が甚ノ助避難小屋を照らしています。
斜光ってだけで格好いいです

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

白山室堂から下ること約1時間半で甚ノ助避難小屋に到着。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

別山をずっと撮影してたせいかとにかくペースが悪いです。
それだけいい景色なんで別当出会へ下るなら砂防新道がオススメです。

もうちょっとだけ雪渓は続きます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

時間は7時半を過ぎて森林限界まで太陽の光が差してきました。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

本当に見てて飽きない登山道だなーと思いながら足を進めます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

寒くない・・・熱くない・・・登山やるには理想的な環境ということもあり、いつもよりかなり余裕がある・・・
写真始めたころの気持ちになって花なんて撮ったりします。 こんな写真撮ってる時が一番楽しかったなー(

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

たまにはこうふわっとした写真もいいものですね。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

見晴らしのいい地形が多く歩いているだけでも楽しい、そんな印象を持ちます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

白山室堂から2時間半ほど歩くと見えてくるのが不動滝。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

不動滝を超えたら下山口はもうすぐッ!

飯場を超え・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

お花が向かえてくれる木道を超えると・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ゴールが見えた!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

下山を始めて約3時間。
別当出会登山口に到着ッ!!!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

開放感のある道が続いたこともあり気持ちのいい下山となりました!

■ さいごに・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

多彩な雰囲気が味わえる山でした。

森林限界を超えてから広がる平原
それを見下ろすことができ御前峰
山域全体を見渡せる大汝峰

それら全てを味わえる小屋泊が絶対オススメです。

白山室堂は建物は綺麗かつお布団はフカフカでとても快適でした。
満足してしまって撮影しませんでしたが建物前後は広いスペースが取られているので
星の撮影なんかも問題なくこなせると思います。

ちなみに繁忙期はちゃんと食事を用意して頂くことができます!
6月は持ち込み or 売店で販売している軽食のみですので注意が必要。

ただ星空を見ながらバーナーで温めたご飯を頂く・・・
ってのも素敵だと思います。

山だけでなく小屋も素敵な白山。
冬季閉鎖を迎える前にもう一度訪れたい山です。

蝶ヶ岳と常念岳を練り歩く【常念岳編】

かなり間が空いてしまいましたが前回の続きです。

今回は後半部分にあたる常念岳への登頂、そして前常念経由での下山編です。

  • 1日目は三股駐車場から蝶ヶ岳ヒュッテまで
  • 2日目は蝶ヶ岳から常念岳への縦走
  • 3日目は前常念から三股駐車場から下山

というルートの二日目途中から三日目にあたります

いいことばかりじゃない
辛いこともあったけど
全力でかけぬけた縦走路です。

本当に死ぬかもしれないッ!
そんなことを思い出しながらこの記事を書きました!

常念岳とは?

北アルプスに属する標高2857mのお山。

昨年の6月に登り酷い目にあった懐かしい山ですね。
細かい情報はこちらをご覧ください。

uniquepic.hatenablog.com

今回歩いたルートは二つ

蝶・常念間の縦走路はアップダウンが多く、最後に待っている常念岳への登り返しがキツイ・・・
前常念からの下りは急傾斜が続きとてもシンドイ・・・

先に感想を書いてしまえばそんな感じでした。
ことの詳細は下記をご覧ください

■ 快晴の縦走路!

見てください!この美しい縦走路ッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

いやー快晴の中、こんな道を歩けるのは嬉しいなー
一回めっちゃ標高下げてから登り返す形になるけど(

基本的に後ろ向きなだいたいいろです。

蝶ヶ岳山頂での休憩もそこそこに常念岳へ向かっていきましょうー
ちょっと高度感を感じる道からスタートです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

北アルプスらしく雪の下には岩が待ってます。
気をつけて足を進めていきましょう。

この縦走路、常に穂高が見えるのでペースに悪い(

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

常念岳までのコースタイムは約4時間。
歩き応えのある見た目してやがるぜ

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

最低鞍部へ向かう道。
角度は付いてますし足元の雪はかなりの緩さ・・・油断すると下まで滑り落ちそう・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

最低鞍部へ辿り着くとそこで待っているのは当然ながら登り返し・・・
一旦上げた標高をなぜ下げないといけないのか・・・?そんな疑問が頭から離れません。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そんな後ろ向きな気持ちをまた登れる喜びに変えて頑張っていきましょー

登っては

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

樹林帯を抜け

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

また登る

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

想像してたよかアップダウンが多いぞ・・・

その途中で振り返っての1枚。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

俺は……まだ! ここにいるぞ!!と主張するかのように飛び出した蝶槍。
未だ登れていない槍ヶ岳に似ているその姿は槍を関するにふさわしいです。

最後の樹林帯を抜けた後、ちょっとしたトラバースを超えていきます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

このあたりは雪が緩く何度か滑り落ちそうになりました。
快晴の残雪期の怖いところ、といったところでしょうか。

トラバースを超えた先が2592ピークと呼ばれる場所です。
常念岳山頂の次に高いピークです。

そこから見えるのは常念岳

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

鋭く切り立った稜線がどこか怖い印象を与えてきます。

稜線にとりつけるのはもうちょっと先です。
ルートは一度大きく右へ向かいます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

その先で待っているのは・・・小さいピークです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

でも大丈夫。見た目ほど厳しくない。

ちょっと分かりにくいのですがこの小ピークはハイマツの隙間を縫って登っていきます。
うーん・・・見つけにくい。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

常念岳手前の小ピークは北アルプスらしい岩場。
このあたりでアイゼンの歯が丸まることは気にならなくなります(

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

小ピークを超える今日のボス、常念岳への挑戦権が得られます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

下りはちょっと急。
西穂高独標から西穂高側への下りを思い出します。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

岩場は常念岳山頂を常念小屋方面へ下りるまで続きます。

高度感と岩場の組み合わせが登山者の体力をゴリゴリと奪っていきます・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

アイゼン外したいけど絶妙に雪が残ってるんだよな・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

なんとか無事に下りた後に待っているのは約400mの登り返しッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ナイスな展開じゃないか!

おや・・・?てんきのようすが・・・?

ここから先はひたすら岩場を登っていきますッ! アイゼン外したいけどそれなりの量の雪が残っており外すのを躊躇わす親切設計。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

完全な岩場かーアイゼン外すかー

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

いや雪あるなー滑りそうだしつけておくかー

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

岩場ぁ・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

あー微妙・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

みたいなことがずっと続きます(

たまに足場の狭い場所を通過したりと油断できない道が続き体力・メンタルを削ってきます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

岩場に取り付いてから約1時間。
山頂が少し近づいた・・・?

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

体力はすでに限界直前・・・
休憩したいのですが適地となる場所が見つからず仕方なしに歩いている状況・・・

ちょっと気になるのが雲の量。

視線を西側に向けてみると・・・いけない感じの雲が迫ってきてます。
穂高槍ヶ岳方面は雪が舞っている感じですね・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

あの雲はヤバイ・・・早く登らないと!と気持ちだけは焦ります。
が・・・昨日の疲労が残っている上に大小のピークを超えてきた体は期待に応えてくれません・・・

蝶ヶ岳までの稜線は綺麗。雲はヤバイんですけどね(

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

もはや無心・・・ただただ無言で岩場を超えていきます。

さきほどの雨雲がついに頭の上に・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

2592ピークから歩くこと約3時間・・・
体力は限界を超え、もう無理・・・もう歩けない・・・うずくまりたいとか思い始めます。。。

そんな中、遂に小雪がちらつき始めたころに見えてくるのが・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

常念岳山頂です・・・!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

長かった・・・本当に長かった。

雪は吹雪に変わり眺望は望めません。
座っているだけで体力を奪っていく環境の中で休むのは得策ではないッ!

ということで
最後の体力を振り絞って小屋まで1時間の下りを始めます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

天気はまさかの吹雪・・・
もうめっちゃ寒い(語彙力

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

常念岳山頂から小屋までは広い稜線を歩きます。
夏の時点でも道はかなり分かりにくかったのに降りしきる雪がトレースをしっかり消してくれます!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

道を間違えると簡単に死ねるのでペースを落としてでも確実にルートを辿ります。

頂上からの下り始めること約30分。
吹雪の向こうに本日の天国、常念小屋が見えてきます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

なんですが・・・登山ルートはジグザグに下っていきます。

まっすぐ登ると角度ついて大変だらからね。
普通なら親切心に打ち震えるような設計ですが、今は別。
遅々として小屋に着かないので絶望だけが心に降り積もりました・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そんな絶望を感じながら歩くこと約1時間・・・

吹雪の中・・・無事に常念小屋に・・・到着しました・・・ッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

もはやこの時点でだいたいいろとdocさんからは表情が消えています。
言葉少なく熱量を生み出すためだけにお昼ご飯を流し込みます・・・

その後、昨日と同じようにテント張りをお手伝いし、残りの時間はずっとストーブの前で温まり続けました・・・

新雪を・・・ラッセル・・・?

昨日に続き星を撮ることを諦め体力回復に努めた結果・・・待っていたのは再びの快晴ッ!!!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

朝焼けが綺麗だ・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

どこからともなくフォトグラファーさん達が現れ、美しい朝焼けを思い思いにカメラで捉えていきます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

気持ちのいい下山になりそう。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

日の出を待つ横通岳。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

このまま日の出まで・・・と行きたいところですが常念小屋には朝ごはんをお弁当に変えるオプションはありません。
命の元たるご飯を頂きに小屋へ戻ります。

ササっと朝ごはんを頂いたあと、待っていたのは美しいモルゲンロート。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

槍・穂高方面にばっちりです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

照らされる横通岳。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

日の出も一通り楽しんだところで下山を開始します。

本日の下山は一度常念岳へ登った後に前常念、三股駐車場へ下りるルート。
なので・・・もう一度常念岳へ登ります!!!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

始めて快晴の下、常念岳を登るぞ!

下山時にも書きましたが常念岳直下の登山道はジグザグに進みます。
なかなか山頂に着かないの・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

それでもこの天気・・・昨日より足取りは軽い気がします

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

小屋から15分登るだけでこの景色・・・ッ!
横通岳までの稜線が気持ちよさそう・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

天気はよく気持ちいいとは言え足元は油断できません。
大小さまざな岩が並ぶ登山道を抜けていきます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

さらに新雪まで・・・ 岩を隠してしまうので足の置き方に気をつかいます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

まさかGWにもなって新品のシュカブラを眺めることになるとは・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

昨日は朦朧とした意識の中、歩いていたので気がつかなかったけど・・・
トゲトゲした殺意ある登山道でしたね、そういえば

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

小屋から登ること約1時間。
大天井までの稜線が一望できるようになります!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

横通岳から続く登山道が気持ちよさそうだなー

登ってきた道を振り返っての1枚。
ジグザグに登ってきたこともありそこまで辛さを感じませんでしたが、それなり以上の角度ついてますねー

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここまで登ってきたら山頂は本当にすぐそこ。
吹雪の下山より快晴の登りの方が断然楽だ。

ゴツゴツの岩を乗り越えた先にあるのが・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

常念岳山頂ですッ!!!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

初めて・・・三度目の挑戦で初めて・・・快晴の山頂を踏むことができました!

三度目にして初めてゆっくりと山頂からの景色を味わったりします。
こちらは大天井方面。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

諸先輩方の話を聞く限り、常念小屋方面から登るほうが楽らしい。
なのですが今年の夏は燕岳方面から登る予定です。

昨日、死を覚悟しながら歩いた蝶ヶ岳への縦走路。 大小さまざまなサイズのピークを越えてきたのが分かります

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こちらは穂高方面。
見る位置、見る時間、見る天候を変えて様々な表情を眺めてきました・・・
絶対に登りたい・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

これから下る前常念岳

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

昨日の雪で冷やされた空気が雲になって上がってきています。
雨雲ではないので怖さはなく純粋に格好いいな・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

常念岳から三股駐車場への下りコースタイムは5時間弱。
あんまりゆっくりしてる時間はありません。

山頂での絶景もそこそこに下山を開始します。

常念岳から前常念に下りるにはいったん登ってきた道をもどります。 画面右下に標識が見えます。あそこが分岐です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

辛い思いばかりが先行する常念岳・・・最後だけは気持ちよく終われそうです。

10分もしないで分岐に到着。 左に行くと常念小屋、右に行くと前常念へ向かいます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

前常念への縦走路は相変わらずの悪路。
岩を踏みながら進みます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂方面を振り返っての1枚。
山頂は細く尖った形してるんですね

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ちなみに縦走路の右側は切り立った崖です。
滑落停止なんて考えられない急斜面なんで本当に気をつけていきましょう!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

気をつけたいのは山々ですが大きな岩の横をトラバースしたりと、相変わらず山体からは殺意を感じます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

大きな岩を超えた先に待っているのは真っ白な雪原・・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

え・・・?もしかして・・・新雪ラッセルするの?
だって5月だよ?残雪期だよ?
軽くない絶望を感じながら新雪を踏みしめていきまーす

ところどころにラッセル跡は残っていますが・・・
誰も歩いてない雪の上を歩くのは気持ちがいいッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

Step by(Hi!) Step by(Hi!) Step by Step! Growing! Gronwing!
なんて口ずさんだりします。

疲れは溜まっているので足取りは軽くないですが気持ちは軽いです。

いや嘘です・・・歩きにくいし気をつかうしで体力はもう限界・・・
はやく帰りたいよ・・・(本音

夏道ならハイマツの間を抜けていく道なのでしょうが・・・雪に埋まっていますねー

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

道だと思って足を下したら岩の上でバランスを崩すことがしばしば・・・
狭い稜線なのでやめてほしい。

ちなみに景色は最高です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

なんというか絶妙なツンデレ感?厳しいけど優しい・・・みたいな。
疲れからか変なことばかり頭をよぎります。

新雪ラッセルして進んでいるのでペースがとても悪い・・・
分岐から1時間かけて山頂直下の登りに到着。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登り切ったところには常念小屋への分岐が待ってます。
前常念山頂はもうちょっと先。アップダウンはないのが救い

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

岩場はまだまだ続いていきます。
アイゼンを履いているのでバランス崩さないよう気は使うし、ペースは落ちるし、とても疲れる・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

途中振り返っての1枚。
今回は下りだったので気がつきませんでしたが・・・これ登るとなると大変そうだな・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

これが本日のピーク・・・これを超えると・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

前常念山頂に到着です!
小さッ!!山頂標識ちっさッ!!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

掘り返さないとわからないくらいの小ささ・・・

山頂からの景色はこんな感じです。
横通岳と大天井のツーショット

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

隣にある無名峰までしっかり納めることが出来るので横通岳見るなら前常念がベスト

穂高方面の1枚。
湧いてきた雲、雪が溶けた樹林帯、昨日の新雪とが混ざり合って美しいです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

3日目ともなると疲労が半端ないです。
早く下山してお風呂入りたい欲が強く、山頂からの景色をしっかり味合わずに下山を開始したので写真は少なめです・・・

二泊三日登山の疲労度は半端ない・・・
この体力では先行きが不安です・・・体力アップが急務だと感じました。

もうちょっと味わえばよかったなー

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

15分ほどで避難小屋を通過・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

感情が死んでいる二人・・・
穂高が格好いいなー(棒
くらいのテンションで横を通り抜けます

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

新雪ラッセルしてカラカラに乾いた心では何も感じられないらしいです

なんですが・・・この避難小屋を超えてからが前常念の真骨頂ッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こんな感じで岩場と雪がミックスされた・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

急降下が待ってますッ!!!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

疲れた状態でこれを下るのは至難の技なのでは・・・?

一歩一歩に気を使う登山道なんですが景色はとてもいい・・・
蝶と常念の縦走路と穂高が並んでいる風景は圧巻・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

時刻は10時過ぎ・・・ この時間にここまで登ってくる登山者さん・・・
もしかしなくてもとても凄いのでは・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

直登を下り始めてから約30分。
角度はまだまだ急な下りは続きます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

足を置いた下には切り立った岩があり盛大に足を滑らすなど冷や汗をかくこともしばしば・・・

そんな登山道ですがこんな感じの岩のゲートを抜けて・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

このハシゴを下ると急登は終わりです!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

終わるのは急登! 登山道自体はまだ半分残ってます!!!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

長時間下ってきた気がしますが標高はまだ2400m。
登山口の標高は1500mくらいなのでまだ1000m近く下れるぞ

・・・さすがにシンドイ・・・

もはやここからは無心・・・
ただひたすら樹林帯を無言で下っていきます・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

標高が2000mを切ると雪もなくなります。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

歩きやすくなるなーと思いましたがそこは常念岳。甘くなかったです。
標高が下がるにつれて登山道は荒れていきます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

倒木があったり・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

道がなくなってたり・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

とかなりのアスレチック度。

うーん・・・このルート使っては登りたくないなぁ・・・
距離も長いし、疲労が出始める後半に標高上げるタイプだしかなり付き合いにくいタイプ

疲労もあり思考はかなりマイナス側に傾いてきたころ・・・見覚えある標識が・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

常念岳山頂から下ること約6時間・・・登山口に到着ですッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

長い・・・!めっちゃ長い下山路だった・・・ッ!!!
二度と・・・二度と歩くものか・・・ッ!

■ さいごに・・・

一言で表すなら
やめとけ
です・・・

蝶・常念間のルートは本当に厳しくて途中で歩くのをやめたくなりました。

  • 雪で隠された岩場
  • 蝶・常念間の無限に続くようなアップダウン、
  • その後に待っている400mの登り返し
  • そして吹雪

これだけ苦しいが続いた登山は空木岳以来でした。
今回は吹雪という圧倒的なデバフの中歩いたから余計にそう感じたのだと思います。

少しずつ大きくなる常念岳の姿に圧倒されながらも縦走路は開放感にあふれており、夏道なら楽しく歩けると思います。
また常に穂高が目に入っており、どこで立ち止まっても絶景というルートはこの縦走路ならでは魅力。

累積標高はそれなり以上のものになり体力はかなり必要です。
登山に慣れて3000m級に余裕を持っている人なら楽しめると感じました。

常念岳から前常念経由の下りは怖いの連続です。
細目の稜線を下った先に待っているのは急降下。
高度感が苦手な人は絶対にやめておいた方がいいです。

急降下が終わっても下山路はまだ半分。
そこから先は荒れた登山道を時間をかけて下りていくことになります。
技術的に難しいところはありませんが体力の消耗は相当なものです。

登るのも下るのも相当な手練れではないと難しい・・・
そんな厳しさ溢れるルートでした。

蝶ヶ岳と常念岳を練り歩く【蝶ヶ岳編】

過ぎていく季節だけ思いは募ります。
登山を始めてから本当に季節の移り変わりに悩まされます。

5月初旬。
完全な冬装備が必要か?フリースは抜いていいのか?
まだ夏靴は早いか?登山道の上なら雪がないのでは?
など悩みは尽きません。

そんな悩みを抱えながらGWの真っただ中、蝶ヶ岳から常念岳へ縦走してきましたッ!

なんとぉ!実は初めての二泊三日の登山です。

今回の行程は
1日目は三股駐車場から蝶ヶ岳ヒュッテまで
2日目は蝶ヶ岳から常念岳への縦走
3日目は前常念から三股駐車場から下山
というルート。

1日目は雨予報だけど、2日目の朝は快晴予報・・・
それなら雲海を楽しもうじゃないかッ!
とdocさんと相談しこのルートを取ることとなりました。

1日目から2日目の朝にかけての蝶ヶ岳部分についてまずはまとめてみましたッ!

蝶ヶ岳とは?

北アルプスに属する標高2677mのお山です。
蝶という華やかな名前からすると少し標高は控え目です。

登山ルートは複数あり

  • 三股駐車場からまっすぐ登る
  • 常念岳から縦走する
  • 上高地を経由して登る(横尾と徳沢から行ける)

が代表的かと思います。

一番難易度が低いと思われるのが一泊二日で楽しめる三股ルートです。
登山口までの道に悪路はなく、また登山道自体も整備が行き届いており難所はないとされています。

その分駐車場の競争率は高いらしく、駐車場難民になることもしばしばあるとのこと・・・

そんな三股ルートからの蝶ヶ岳登山・・・
文字だけ見ると登りやすいイメージが実際どんな感じだったのかは下記をご覧ください。

悪天候の中を進む

今回のスタート地点は三俣駐車場。

天気が悪いせいか駐車場はガラガラでした。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

心配されていた駐車場問題があっさり解決したので足取り軽く登山を楽しみましょー(

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

いやー日差しもないし空気も冷たくて非常に歩きやすいー。
・・・はは・・・もうこれ完全にミストの世界じゃん・・・

NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

5月にもなって登山口からハードシェルを着るとはね・・・

雪解けとなるこのシーズン。
登山道にも水は溢れてきます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

こんな時でも完全防水の登山靴とスパッツを履いていれば気にならないです。

ちなみにだいたいいろは夏の好天時でもスパッツ着用派です。
小屋泊まりが多いので小屋と小屋からお借りしているお布団を汚したくないのが主な理由です。
あと暖かい(真顔

駐車場から歩くこと約20分、距離にして約800m。
なにやら建物が・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ついに三股登山口に到着ですッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

今回は三股登山口から登り始め、蝶ヶ岳常念岳を登ったのちに前常念からここまで下りてくるルート。
三股登山口はスタートでありゴール地点でもあるわけですね。

さてさて人生初となる二泊三日の大縦走(大袈裟)を始めていこうじゃないですか!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山口の標高は約1300m。
初日の目的地である蝶ヶ岳の標高は2677m。
標高差1300mを駆け上がっていきましょう。

標高の低い場所では雪解けも終わり、新緑が始まる季節。
雨で少ししっとりとした雰囲気と生きのいい緑の組み合わせが気持ちいいです。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山する前の雨の森とかよく撮影していたのでなんだか実家に帰ってきたかのような安心感

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

足場の悪い場所には木道がかかっていたり・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

歩くとぼよんぼよんする橋が架かっていたりと

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

階段がついてたりと・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

蝶ヶ岳山頂までの登山道はよく整備されている印象です。

そんな感じで歩くこと約30分。
最初で最後の水場に到着です!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

飲むと美味しいのでしょうがお腹を下すのが怖くてなかなか試せないだいたいいろです。
大丈夫?ほんとうに飲めるの?途中でお腹痛くなったりしない?

ここまで標高はほぼ上げてきませんでしたが水場から先は標高を上げる道に変わります。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

足が重たいなと感じたころに見えてくるのが「もたれないよ」と優しく返事したくなる標識・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ゴジラみたいな木に到着ですッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

尖った石が口にあたる部分に詰め込まれておりゴジラ感が増されています。
そんなゴジラさんの横を失礼していきましょう。

力水からまめうち平までの区間は標高をキュッと上げていく印象です。
ただ道自体はとても歩きやすいのでそこまで疲れは感じなかったかな?

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

雰囲気は燕岳とよく似ています。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

駐車場から歩くこと約2時間。
まめうち平に到着です。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

晴れていれば展望が綺麗な場所なんでしょうね・・・
雨で幻想的な雰囲気になってるのも素敵じゃないですか?

まめうち平の標高は1910m。
あと700mも登れるぞッ!嬉しい(強がり

標高が上がったこともあり足元には雪が・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

悪天候で気温が上がらなかったためか雪は締まっておりノーアイゼンで進めます。
まめうち平からしばらくは平坦な道を辿ることになるのでそれがいい方向に影響しているのかな?とも思います。

駐車場から2時間半。標高は2000mを超えますッ! 距離にしてあと半分ッ!!!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

なんですけどその残り半分が大変なんですッ!

ここからは登りに登り続ける道が始まります・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

さすがにアイゼンを装着。
軽くなったザックと重くなった両足を引きずりながらの標高を上げていきましょう!!!

その途中、ちょっと開けた雰囲気に・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

それなりに角度のついた道をトラバースしていきます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

さすがにここは早足で駆け抜けました・・・上から崩れてきたらどうしようって気持ちがありまして。。。

登りはまだまだ続きます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

標高が上がったことで雨は雪に変わりだいたいいろ達を苦しめてきます。

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

・・・降りすぎだろ?今5月やぞ?なぜに5月にもなって吹雪かれないあかんのや?
など思うなどしました・・・悪天候を覚悟して登ってるのに・・・

先ほどのトラバースや強めの雪が降ることもあるのでやはりハードシェルは必須。
残雪期とはいえレインウェアでは危ないなと感じました。

登山開始から約4時間・・・登山道の雰囲気は完全に積雪期・・・5月とは思えない寒さ・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

環境が厳しい・・・ただそこにいるだけで体力を奪っていきます・・・

もう帰りたいと思いますが・・・
引き返せないこの気持ちは・・・ワガママですか・・・?

いや引き返すより小屋に行った方が早いし・・・

さなぎを蝶に返すのは大変なんだよ・・・

みたいなよくわからない思考してたのはなぜかよく覚えています(

登山開始から約4時間半。
樹林帯が終わり、最後の直登が始まりますッ!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ここまで、きたら、小屋まで、あとすこし・・・ッ!
頑張れ・・・ッ!

急登に次ぐ急登・・・さらに強くなる雪・・・
そして効かない視界・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

雰囲気だけは山頂っぽいのですが先の見えない不安感からか疲れを強く感じます・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

そんな絶望感の中、人類が確かに残したと思われる痕跡を発見。
そう階段です!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

これを登れば小屋が・・・

見えねーじゃねーかッ!!!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

早く・・・早くストーブで温まりたいよ・・・
そんな気持ちだけでなんとか足を進めること約10分・・・

本日の天国・・・蝶ヶ岳ヒュッテに到着ですッ!!!

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

即チェックインして温まりところですが・・・
なんと同行しているdocさんはこの天候の中でテント泊・・・

さすがに一人だけ温まることは申し訳なくテント張るのを手伝いました・・・

そしてこの日、天候は回復しないまま終わることになりました・・・

Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

■ 奇跡の回復

天気がよければ星でも・・・と思いましたが初日の寒さでかなり体力を持っていかれたので夜は回復に専念しました・・・

そして夜明けとともに行動開始。
蝶ヶ岳ヒュッテ周辺で日の出を楽しんでみたいと思います。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

低い位置に雲が溜まっているので残念な景色になるなって思いましたか?

いやいや・・・見てくださいよ、この雲海をッ!
もうこれが見れただけで大満足ですよ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

美しいモルゲンは見れないかもしれませんが薄明はとても美しいです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

朝焼けとテント。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

あの吹雪の中、障害物のない稜線に張られたテント・・・
夜が恐ろしかったのは想像に難くないですがこの景色のためなら我慢できるのかもしれませんね

昨日はこの標識を右から来ました。今日はこの標識を左にいきます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

日の出の時刻ですが太陽はまだ雲の中。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

5月とはいえ朝方はしっかり冷えます。
早く姿を現して空気を温め欲しいです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

未だ雪深い穂高山脈
来年は白い姿のうちに会いにいきたい・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

昨日は雨がしっかり降ったこともあり雲海が押し寄せてきます。
ゼノブレイド2のフィールドみたいだ・・・3の発売日は2022/07/29。楽しみです!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

これから登る常念岳方面。
ほんのり夜明けの色がついてきました。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

時刻は5時。
低い雲を超えてようやく太陽さんが姿を現してくれます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雲が低い位置に溜まってくれたおかげでだいたいいろの好きなローコントラストにまとまってくれました。

西穂高、ジャンダルム、奥穂高でしょうか?
厳しい山体をしていますが、ほんのりついたオレンジ色のおかげで今だけは少し優しい雰囲気になりますね

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雪は深夜まで降り続きました・・・トレースが消えていないか不安です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

鮮やかなモルゲンが望まれるのでしょうがこれくらい優しい色付きの方がよくないですか?

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

目に見えて鮮やかな風景だけが風景じゃないと思ってます。

今日歩く縦走路もいい感じの色合いです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

気持ちのいい縦走になりそう。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そういえば山頂標識撮影してなかったな?と思い出したのでもう一度、蝶ヶ岳山頂へ。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ということで山頂です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂から見る長野の町並み。
それなりの望遠があれば反射する水田が撮れたなぁ・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

テント泊してた人達は一足早く出発するようです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

この時ばかりは誰か常念方面向かってトレースつけてくれッ!と願いました(

■ 槍を踏む

時刻は7時半。
だいたいいろ達も常念岳に向けて出発です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

遠くに見えるのは乗鞍かな?
かなり広大な山域という印象です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

足元にはさらに厚くなった雲海。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

それとは対照的に進行方向は快晴。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

蝶ヶ岳から常念岳の縦走路は細かくアップダウンを繰り返します。
まず目指すは画面右側の蝶槍!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

不安だったトレースもありますね。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

蝶ヶ岳ヒュッテを出てから約20分。
上高地方面へ下りる分岐に到着です。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

このポイントから蝶ヶ岳ヒュッテ方面へ振り返っての1枚。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雪が薄いせいか岩場とのコントラストが強く厳しさを伝えてくるような雰囲気です。
見た目は怖いですがここまでは全然優しいよ

分岐を超えると最初の登りがお出迎えしてくれますッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

その途中に蝶ヶ岳三角点はありますが・・・ 雪のせいか見つけられませんでした(

三角点からヒュッテ方面を振り返っての1枚。
八ヶ岳にある硫黄岳のように山頂が広く、全体的に丸みを帯びているため優しい形をしていますね。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂直下の急登は本当に疲れたけどな(

三角点を超えると・・・ついに本日のピークである常念岳が全貌を現します。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

まだまだ先は長いけど歩き切らないと死んじゃうからな、頑張ろう。

常念岳と同時に通過点である蝶槍も見えてきます。

こちらは蝶槍と常念の2ショット。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

蝶槍へのアタックルートは岩場の上を進みます。
岩自体は大きいのでアイゼン履いててもなんとか進める感じです。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登り切る直前がちょっとクセものです。
割と段差が大きく、足をかける場所にちょっと悩みました。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

蝶ヶ岳ヒュッテから約40分。
蝶槍に到着ですッ!

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

歩いてきた稜線が一望できます。

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そして反対側には常念岳・・・

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

標高を大きく下げ、その後には大きな登り返し・・・

前回は雨に泣きましたが今回は快晴ッ!
これなら歩ききれるッ!
そう思わせてくれる天気でしたが・・・

この後、さらなる地獄が待っていることはまだ誰も知らない・・・

次回、常念岳編へ続く・・・ッ!

■ さいごに

Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

残雪期の蝶ヶ岳
いつもならもっとたくさんの人がいるのでしょうね。

1日目の悪天候のおかげか登山者さんも少なく終始落ち着いた雰囲気で登ることができました。

三股駐車場から始まる登山道は整備が行き届いており夏道ならとても歩きやすそう。

山頂直下の直登も夏は階段になっており登りやすいそうです。

そんな厳しい直登を超えると同時に森林限界、そしてすぐ頂上という好立地。
風に吹かれ続けて体力を持っていかれるということもなさそう。

快晴の夏空なら万人に勧められる山だと感じました。

山頂と小屋の距離も近く朝焼けを味わうには絶好のポジションです。
雲海を見たい!そんな欲を満たしてくれた素敵な山でした。

立山で春が始まる

週末だけのハーレクイン

これだけが書かれた下書きが残っていたことに頭を悩ませているだいたいいろです。

孤独な自由と湧き上がるエナジーが溢れてる感じなので開山初週の立山で発散してきました。

立山とは

北アルプスに属するお山です。
弊ブログに何回も登場している山です。

前回登頂時の記事はこちらです。 uniquepic.hatenablog.com

冬は立山黒部アルペンルートが動いていないことも実質登ることができません。
(道自体はあるので頑張れば登れるのかも?)

そんな立山ですが春の訪れと同時に立山黒部アルペンルートが再開。
短い期間ながら白銀の世界を味わうことができます。

残雪期とは言え山の上は真冬とほぼ同じです。 どんな部分が辛くて厳しかったのか、そしてどんな景色が待っていたのかちょっとまとめてみました。

富山県側から侵入

前回は黒部ダム見たい欲がさく裂したため長野側から入山しましたが・・・非常に乗り換えが多く、荷物の上げ下ろしだけで疲れたことは記憶に新しいところです。
なので今回は乗り換えが1回で済む富山側からアプローチしていきます。
荷物が重いのは主に撮影機材のせいですが(

登り始めはごらんの有様ですが・・・

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

安心してください!天気予報はこれから快晴になる予報ですッ!
雨の後なので空気中の塵が落ち澄んだ空が待っていることでしょう。

期待に胸膨らませてまずはロープウェイ乗り場へッ!!!

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

5分ほどで駅に到着です。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ちなみに立山黒部アルペンのマスコットをデザインされた方と太鼓の達人どんちゃん・かっちゃんをデザインされた方は一緒です。
かなりの健脚の方で様々な山に挑戦されているので気になる方はは調べてください(

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

だいたいいろ達が乗るのはこの日の第2便にあたる9時20分発。

ガチ登山装備の方々は第1便を使ったのか雪山登るぜッ!みたいな装備をしているのはだいたいいろ達だけ・・・
待ちきれない様子の小さい冒険者さん達を見習いなよ・・・

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

そんな大勢の観光客さんに紛れてロープウェイに乗り・・・

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

バスに乗り換えること1回・・・

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

多くの人が目的にする雪の大谷をおざなりに撮影しローリングシャッターの歪みを体感してると・・・

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

室堂に到着ですッ!!!
よし!快晴だな(棒

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

室堂出た瞬間は晴れてて欲しい(前回ぶり2回目の感想

まだ時間はたっぷりあるので落ち着いていきましょう。
本日のお宿は室堂山荘さん。
荷物のデポと早めのお昼を取るためにまずはそちらへ進んでいきましょう。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

無造作に重機が置かれていたりするところに立山の凄さを感じます。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

室堂バスターミナルを抜けてから約5分。おや・・・?そらのようすが・・・?

なんだか青空が見えてきたような・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

予報通りに太陽がお出迎えしてくれます!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここまで気持ちよく予報が当たるのは初めてかも・・・
雄山山頂付近の雲もなくなりつつありますね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

早く登りたいという気持ちはありますがいかんせんお腹が空いた・・・
ということでまずは室堂山荘さんにチェックインしそのままお昼を頂きます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

我々は浄土山を目指す

昨年11月に訪れた時は宿泊地が雷鳥荘ということもあり時間的な余裕がなく雄山ピストンだけで終わりました。
今回は雄山に近い室堂山荘泊りということもあり時間には余裕があります。

なので今まで見て見ぬ振りを続けてきた浄土山へ足を向けてみました!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

黒い点のようなものは全て人間です。
ご覧いただいた通り、それなりの数の登山者さんがいるのでトレースはばっちり。
これなら楽勝とばかりに歩みを進めていきます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

左手には雄山。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こんな快晴の日に登っていいのかな・・・?
何か良くないことが起こりそう・・・と考える小心者です(

室堂山荘を出てから約10分。
浄土山の山頂と思われる場所に近づいてきました。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

途中振り返っての1枚。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

まだまだ冬の様子が色濃く人の姿は疎らです。
室堂の中は盆地ということもあってか風はあまり吹きませんが、気持ち空気が冷たく感じます。

これから雪解けが進むと多くの人で賑わうのでしょうね。

室堂山荘から歩くこと約30分。
ジグザグに登っていくのでなかなかアタックルートが見つかりません。 どうやら焦らすタイプのようです。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

スノーシューユーザさんのトレースをありがたく頂戴いたします。だいぶ薄いですが・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

いや・・・しかし・・・近くで見ると格好いい山だな・・・
荒々しい岩肌と尖った山頂が男の子的格好良さを刺激してきますね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

進行方向反対側にある大日岳もまだまだ真っ白です。
稜線にエグイ雪庇が出来上がっているので歩くのは気を使いそう。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

標高を少し上げ窪地から頭を出すと風が出てきます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

冬の唐松岳のように体が流されるようなレベルではないのでただひたすら風に逆らいながら頑張って進みます(

さすがに寒くなってきたのでハードシェルを装着。
完全に稜線から出ると風を防いでくれる場所はないので浄土山の山頂手前で必ず着るようにしましょう。

浄土山は山頂にかけては角度が付いているためか室堂から直登するルートではなく、いったん横に回りこむ形になります。

回り込む途中に見える景色がこちら。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

手前が室堂山、右奥が国見岳でしょうか?
どちらも登山ルートの設定はないため登れるのは冬だけの特別な山なのかもしれないです。

室堂山へ向かう登山者さん。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

何もない平原を歩いているように見えますがおそらく強風に吹かれており進むのも難しいのでは?

広い平原にいるせいか人の大きさなんて本当にちっぽけなものです。
そんな小さい体なのになぜこんなに大きな山に挑戦するのでしょうね・・・?

まあ、そんなことを考えているだいたいいろ達も登山の途中なんですけどね(

そろそろ現実に戻り浄土山山頂へのアタックを開始しましょうッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

・・・???これが登山ルート???

いや壁だし・・・

お守りとして持ってきたピッケル君に活躍してもらう時来たようです。
立山で使うことになるとは思わなかった・・・

その途中で確実に目にするのが五色ヶ原方面の絶景。
山にかかる雲、このモヤモヤ感がだいたいいろを引き付ける・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こんな風にトラバースしてる最中なので気は抜けませんが・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

浄土山に取り付いてからの雪はかなりの緩さです。

場所によっては雪が崩れて登れない場所もあったりしました。
また腿まで踏み抜くこともしばしば・・・

踏み抜いたらすぐに足を抜きましょう!
雪がすぐに固まってしまい抜けにくくなるので・・・

トラバースを超え、足場の悪い岩場を抜けたら・・・
ようやく浄土山の山頂に到着ですッ!!!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

夏道だと1時間30分で登れるのに今回の所要時間はなんと2時間30分!!!

ちなみに直登に取り付いてからは45分かかっています・・・

心のどこかに立山なら余裕って部分がありました・・・
やはり雪山は雪山・・・次回以降舐めプしないよう注意いたします

山頂に出ることでようやく槍ヶ岳を見ることができました。
登っていない時は少し雲が掛かってくれた方が絵になりますね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

さてさて休憩もそこそこにして次なる目的地へ。
ますは龍王岳方面へ向かい、そこから一の越経由で雄山へ向かうというなんの捻りもないルートを選択します。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

その稜線を歩きながらの1枚。
雄山を正面から捉えることが出来るのがこのルートの魅力です。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

人のいない静かな稜線歩くこと自体ができとても気持ちいいですが・・・
このルート・・・雪が緩く踏み抜きが多い・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

油断していると太ももまで持っていかれるので注意して進みましょう。
掘り返すのもなかなかに重労働だからね(

そんな稜線を歩くこと約10分。
なにやら櫓()が見えてきましたね!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

その櫓の麓が浄土山(南峰)です・・・たぶん・・・
山頂標識見つからなかったんだよなぁ・・・雪の下にあったのかな?

櫓()の持ち主と思われる富山大学立山研究所さんはまだ雪の下。
何を研究してるのかちょっと気になります。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

歩いてきた道を振り返っての1枚。
アップダウンは少ないうえに広さもしっかりとしているいい稜線に見えます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こちらは龍王岳山頂。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
\

登山ルートの設定はないようなので見るだけで我慢します。
登るのが怖かったわけじゃないからな(

雄山を目指すが・・・

ここでルートは分岐するので予定通り一の越側へ下りていきます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

残雪期ということもあり稜線の雪はかなり少ないです。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

岩の上に雪が被さっただけの状態のため、思わぬ硬さにバランス崩すこともしばしばな道です。 アイゼンを付けたままでの下りとなるのでちょっと気をつかいます。

雄山まで遮るものがない稜線自体はとても美しです。

途中に見えるのは針の木岳かな?

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

立山は何回も来ていますが針の木岳方面はまだ未開拓。
針の木小屋に泊まって蓮華岳とセットで巻き取りたい。

龍王岳方面へ振り返っての1枚。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

これもしかして・・・雪崩地形なのでは?

登山道まで流れてくることはないと思いますがちょっと怖くなります。

室堂を見下ろしての1枚。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

右奥のひと際背の高い山は別山かな?
天候によりますが今年の10月~11月には登る予定です。

先ほどまで歩いていた浄土山方面。
滑った跡があるのはさすがに恐ろしい・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

富山大学さんの櫓()から気持ちのいい稜線を歩くこと30分、一の越に到着です。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

一の越山荘さんの営業はもう少し先。
雄山山頂で星景や日の出を狙うなら絶好のポジションにありますよね。

ダンボ平方面に下りる道はどの時期でも絶景。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

長い時間をかけて削り取られた氷河地形なのでしょうか?
滑落したら止められない気がするので歩くのはちょっとご遠慮したいと思います。

一の越に着いたら忘れてはいけないのが槍ヶ岳
尖りに尖った姿を確認することができました

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

時刻は15時。
今回は室堂山荘泊りのため時間にはまだ余裕がありますが・・・稜線に出てから吹かれ続けた結果、体力がなくなっただいたいいろはここでリタイア・・・

山頂に向かうdocさんを見送ります・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

いいんだ・・・この人の少ない室堂を見下ろせるからいいんだ・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

と肩を落として下山を開始します・・・

ちなみに体力的には割と限界だったらしく下りでも息が切れました。
一度体が冷えるとそう簡単に体温が上がらない体質らしく、少し寒いだけでゴリゴリに体力がなくなります。

下りている最中に頭を上げると見事なハロが・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ほとんどの登山者さんが下りた後なのでトレースは問題なし。
迷わず歩けるというのは本当に楽でありがたいです。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

スキーヤーさんかスノーボーダーさんが滑った後でしょうか?
綺麗な弧を描いていますね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

一の越から30分も下りると大きなアップダウンはなくなります。
下り坂でも息が切れていたのでこれは助かる・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

今日の宿泊地である室堂山荘さんと大日岳の2ショット。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そのままなんとか室堂山荘へなだれ込み死んだように仮眠・・・

そして気がつくと夕日の時間。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ああ・・・終わっちゃうんだな・・・とか感じてしまい少し寂しくなる時間です。

光が斜めになる関係で滑り跡がよりクッキリと浮かび上がります。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

たまには絞り開放を使ってみたり・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ホテル立山に帰る方の後ろ姿をぱしゃり。
こうやって見るとひどく遠くに感じますが10分も歩かないで着ける距離です。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

強敵だった浄土山
予想より強い中ボス・・・まるでムドーのようでした。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

まだスノーボーダーさんが楽しんでいました。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

とりとめもなく何枚か撮影。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

この天気なら星も期待できるかなと思いましたが生憎と満月。。。
早い時間から明るい月が顔を出した影響もあり本日の撮影はここまでとしました。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

今日こそ雄山を・・・ッ!

ということで二日目スタートです。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

やることもないので一晩寝て体力も回復したので昨日登り損ねた雄山山頂へ向かいます!!!

ほっほー快晴だな(2回目

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂側の天気は御覧の有様ですが大日岳側の雲はかなり薄いです。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

各種予報を確認したところ晴れ間はすぐに訪れそう・・・ということで予報を信じていざ山頂へ!

夏道はジグザグに登るので傾斜をそこまで意識することはないのですが・・・
そう冬道はみんな大好き直登です(

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

角度が付く分、しんどさは残雪期の方が上です。
息を切らせながら頑張って登りましょう。
もうね楽になるためには登るしかないんですよ!
一度登り始めたらねッ!

時刻は5時40分。
もう少ししたら室堂にも光が差してきそうです。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

室堂山荘さんを出てから約50分。
一の越に到着です!

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

槍ヶ岳方面はあいにくの曇り空・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ですが雄山方面は・・・ちょっと雲かかってますね

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

まあ晴れるでしょうと楽観視しながら山頂へ向かいます。

登り始めてすぐに振り返っての1枚。
雲が頭の上を覆ってきましたね・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

それでも山頂方面は快晴。
朝方ということもあり雪が締まっていて非常に登りやすい部分もありますが・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雪がなくなることもあります。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

もう外そうかなと思うと雪が出てきたりと足元の情勢は不安定です。
まるで人生ですね(

雄山へ向かう道は室堂を見下ろすのにベストポジションです。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こちらは昨日登った浄土山方面。
全体的に丸っこいフォルムと柔らかい朝日が組み合わさって優しい雰囲気になっていますね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

一の越から登り始めること約10分。
PS3時代のQTEを思い出させる量の矢印がお出迎えしてくれます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

進むべき道をしっかりと示してくれており大変助かります。

角度もついておりまた浮石も多いことから細心の注意が必要です。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

足元は不安定ですが手を置くにはちょうどいい岩も多く三点確保は容易。 落ち着いて登れば大丈夫です!

一の越から登り始めること約30分。
雄山山頂が見てくると同時に足元には再びの雪・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

標高が上がったこともあり五色ヶ原方面への展望が開けてきます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

真ん中に見える小さな点が五色ヶ原山荘さん。
朝日を迎えると気持ちよさそうな立地してますね。

いつも休憩させてもらっているお地蔵さん前を通過。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

だいぶ近づいたぞッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ちょうどいいタイミングで太陽さんが顔を出してくれます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

いい感じの光を山頂で浴びたいのでさっと登り切りたいところッ!

見慣れた標識を通りぬけ・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂直下の急登を超えたら・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雄山山頂に到着ですッ!!!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

と同時に体を吹き飛ばさんばかりの強風がだいたいいろ達を襲います!

なんで???こんな快晴なのに風だけは強いの?
風は写真に写らないから伝えようがないのですが???

とたくさんの疑問符が頭に浮かびますが、ちょっとそれどころじゃないです。

風に流されて滑落する可能性もあるので無念の撤退を決意します・・・

この快晴で山頂が踏めないとは・・・ッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

いのちだいじにが基本戦略だから仕方ない・・・

それでも可能な限り山頂の景色を味わってみました。

雄山と言えばこの光景。
龍王岳から五色ヶ原方面へ抜ける景色はいつ見てもいいですね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

アップロードしたタイミングでもうちょっと空の比率減らせやとか思ったのは内緒です

方位盤は山頂手前にあります。
いつも人がいて撮影するの躊躇いますがさすがに朝の7時ともなると誰もいませんね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

さてさて体が冷え切って動けなくなる前に下山していきましょう。

立山の真骨頂は雄山からの下山ルート。

雄山から龍王岳、さらにその先が見渡せる絶景が次きます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

遠くに見えるのは白山?

この景色が見たくて雄山登るまである。
そう思わざる得ないのですよね・・・

Z6 II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

室堂も完全に照らされていますね

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

浄土山の山頂にグッと寄った1枚。
右側の地形はいかにも雪崩起きますよッ!って地形ですね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂から下ること約30分。
一の越山荘が見えてきました。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雪がないうえに浮石の上を歩くことになります。
この辺りが一番気を使いました・・・

龍王岳頭上を覆っていた雲はなくなりました。
朝日に照らされる一の越山荘・・・これは泊まってみたいな。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

40分ほどで一の越山荘に到着。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

はぁ・・・気を使ったぞ

白く覆われたこの景色も見納め。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

次に見る事になるのはおそらく9月、その時は綺麗な紅葉を期待したい。

昨日も見た室堂への下山道。
昨日とは日の差し方が逆になり弱いコントラストが柔らかい雰囲気にしてくれますね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雪山になるとみんな思い思いの場所を歩きます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そんなだいたいいろ達もバスの時刻に余裕があるため、ゆったりと下山。

これから雄山山頂へ向かう登山者さんを捉えた1枚。
山頂付近の風は凄いぞ・・・頑張れッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

室堂の中でも風は強く、時折顔を叩いてきます・・・痛い・・・ほんとうに痛い・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

8時を過ぎると人も増えてきます。
バスの始発時刻はまだなのでホテル立山や室堂山荘に泊まった人達かな?

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

夏と比べると全然空いてます。

気持ちよすぎるくらいの快晴。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

これからバスで降りるのが勿体ない・・・

と思ったところで、山頂から歩くこと約1時間半。
室堂バスターミナルに到着ッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

少なからず不幸はありましたが体は無事に下山となりました。

■ さいごに・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

1日目に登った浄土山はまったくオススメできません(

急登 + 緩い雪がこんなにも歩きにくいとは思いませんでした・・・
足だけでは登れない角度になるのでピッケルの使い方に慣れておかないと途中で行動不能になるのでは?

また足元は緩く崩れやすいため滑落する可能性は十分にあると思います。

命を捨てる覚悟(大袈裟)もしくは雪山に絶対の自信がない人にはオススメはちょっと出来ないです・・・

登るなら雄山!雄山にしておきましょうッ!!!

雄山へのアタックルートに関してはピッケルピッケルとして使う場所はなく、テクニックを要する部分はなかった印象です。

注意するとしたら山頂直下にあるミックス地帯。
雪と岩が入り混じり、足元がかなり不安定です。
ゆっくりと確実にアイゼンを引っかけないよう登る注意深さが必要です。

注意して登った先で待っているのは白銀の世界。
白さで言えば積雪期(11月)より上です。

これは来年も登るだろうな・・・と思わずにはいられない登山になりました。

無理だと言われてた西穂高岳の山頂を踏む

何ができるだろう?
なんでも出来るって信じていいのだろうか?
そんなことを思いながら仕事を進めているだいたいいろです。

仕事はがんばりたくないので趣味くらいはがんばってもいいよね?
ということで、今期の冬の総決算として勇気を振り絞って西穂高岳へと挑戦してきました。

西穂高岳とは

北アルプスに属する標高2909mのお山。
登山を嗜んでいると嫌でも名前を聞くことになる穂高連峰の一座です。

途中に山小屋もあり、山小屋から山頂までの往復行動時間は約4時間半と見た目のアクセスは良好。
なんですが・・・小屋から先は大小さまざま峰と岩場が待ち受けている高難度地帯として有名です。

西穂高岳へのルートは大きく分けて3つ。

今回は一番難易度が低いロープウェイルートを選択。
難易度が低いとはいえ西穂高は西穂高

そんなロープウェイルート、残雪期はどんな感じだったのか・・・
だいたいいろ達はどんな結末を迎えたのか・・・

少しまとめてみました。

■ まずは西穂山荘を目指す

時刻は8時過ぎ。
新穂高ロープウェイの駐車場からスタートです!

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

中央左側が奥穂、右が本日の目的地である西穂高が見えてます。
見えてるから近い近いといい聞かせ、まずはロープウェイ乗り場に向かいましょう。

5分も歩かないでロープウェイ駅に到着。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

冬の始発は9時。
始発30分前にはこの行列・・・これは登山道渋滞するなーと思いながら最後尾につけます。

ちなみにだいたいいろたちは始発の本当に最後尾でした。

後光が差す感じの第一ロープウェイに乗り込み・・・

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

第二ロープウェイ駅に到着し・・・

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

二階建ての第二ロープウェイに揺られること約20分。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

あの世のスタート地点と名高い西穂高口駅に到着です!

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ここが天国か・・・やっぱいい景色してるなー

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

怖いなら登らなきゃいいのに・・・と思うのですが、不思議と足は山荘方面に伸びていきます。
最初の10分は雪壁の間を進んでいきます。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ
と言われてる気がします(盛大な気のせい

雪壁を抜けるとしばらくは樹林帯を進みます。
標高をジリジリと上げ、また少し下げる・・・みたいな道が続きます。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

快晴に恵まれた登山日・・・森の中に気持ちのいい光が落ちてきますね。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山口から歩くこと約20分。
少し見通しが効くようになると姿を見せるのが・・・西穂高岳・・・ッ!

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂に雲はかかっておらず、どうやら風もそこまで強くなさそう・・・
こんな好条件を逃す理由はない・・・ッ!

西穂山荘までの道のりはピンクテープが充実しています。
山荘までは登る人も多いのでトレースを間違える心配はないかと思います。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山口から30分ほど歩いていると登りがきつくなってきます。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

他の登山者さんと道を譲りあいながら少しずつ登っていきます。
体力的に一番きついのはこのあたり・・・

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

首がいたくなるような傾斜を登っていきます。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

西穂山荘から先が本番なのに山荘着く前にヘロヘロになる・・・

キツイ登りを歩くこと約30分。
建物が・・・屋根が・・・見える?

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ロープウェイを下りてから約1時間で西穂山荘に到着ですッ!!!

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

時刻はまだ10時半。
受付は13時以降からなのでとりあえず不要な荷物をデポさせて貰います。

西穂山荘より先はずっと稜線です。
身を隠す場所、風が防げる場所はないので耐風防寒装備はここで整えましょう。

最初はちょっと暑いけど我慢。
丸山手前からは風の通り道なのですぐにキンキンに冷やされますよ!

荷物を軽くし、靴とアイゼンを締め直し・・・いざ西穂高山頂へ向かいましょうッ!
思ってたより真顔な西穂くんの横を抜けていきます。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

最初は小手調べと言わんばかりのちょっとした登りからスタート。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

特に難所はないので自分のペースでゆったりと登ります。

その途中で西穂山荘側へ振り返った1枚。
焼岳と乗鞍岳が美しいですね!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

この景色が見れたからもう満足・・・とならない辺りに登山者としての成長を感じます。

あくまで目指すのはこちらの西穂高山頂・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

右の四角い峰が独標、真ん中がピラミッドピーク・・・そして一番左の峰が西穂高山頂・・・
噂には聞いていましたが本当にたくさんの峰を超えていかないといけない

ワクワクしてきますね(

まだしばらくは稜線歩きが続きます。
この辺りは登山者も多く時間がゆっくり流れてます。

誰かの魂魄かな?
名のある人が封神台へ送られたようです。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

だいたいいろ達の心も落ち着いてます。

・・・いや落ち着いてないです(汗
気がついたら丸山を超えてました・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

丸山を超えても難所らしい難所はないので緊張する必要ないのですけどね・・・
この辺りまでなら雪山初挑戦の人にも勧められるかな?

ピッケルなくても全然問題ないくらいの傾斜です。

西穂高山頂が少しずつ近づいてきました。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

稜線ということもあり雪が薄くなっている部分があります。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

アイゼンを引っかけて転ばないよう今から注意していきましょう。
独標超えた後で転ぶと命にかかわるので・・・

独標一個前の峰からが要注意ポイント。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

一人しか通れない足場の登場です。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

といっても右側には持ちやすい岩場があります。
そこを支点にして注意深く進んでいきましょう。

狭い足場を抜けた先には岩場の垂直降下。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

高さは大したことないので少しずつ足場を下していけば問題ないです。

そして遂に・・・第一の難関たる独標直下に到着です。
下から見ると本当に垂直に見えます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

確かに急は急ですが千畳敷カールと同じくらいの角度。
ピッケルも全然刺さるので落ち着いて登れば大丈夫。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

途中岩がむき出しになっている部分があります。
左手側の岩場でバランスを取りつつ登っていきます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

人が多いせいかこのあたりは浮石はあまりなかった印象です。

独標手前はほぼ垂直です。
アイゼンの前歯、ピッケルで三点支持を意識しながら登りますッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

幸いなこと垂直の壁を登る時間は1分とか2分のごく短い時間です。
前と後ろに人がいる状況では慌ててしまうと思います。
滑り落ちる方が迷惑をかけてしまうのでゆっくり!確実に!登っていきましょうッ!

最初の難関を乗り越えたところで・・・独標に到着です

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

焼岳と乗鞍岳を見るなら独標がベストポジションかな。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここだけでも十分に美しい景色が味わえますが・・・

本日の目標はこの先・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そう・・・ここから本番が始まります!

■ 次に独標を超える

ここ先は未知の領域。
以前登った時は山頂側の登山道を見て
おいおい・・・これどこ下りるんだよ・・・?
と足が竦んだことを思い出します。

快晴かつほぼ無風とかいう好条件で山頂を目指さないのは逆に失礼です。

やり切るよ! 無謀な挑戦リアライズ

いざ山頂へ!と足を踏み出します。
・・・いきなり急降下やね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

見た目の高度感はありますが雪の状態がいいのか正面を向いたまま下りることができました。

独標を超えてからいくつかもの峰を登って下ってを繰り返します。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

また狭い尾根と岩場のコンビネーションも待っています。
踏み間違えたら死ぬ、という緊張感を常に持ちながら歩いていきます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

まず目指すべきはピラミッドピークッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

アイゼンをつけたまま岩場を歩く場所が多いです。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

9峰は急。他意はありません(

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

9峰からピラミッドピークまでの道のりは割と平坦です。
しっかりとマーキングされています。ちゃんと見ていけばルートを外すことはなさそう。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ということで独標から歩くこと約30分。
ちょっと急な登りを超えたら・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ピラミッドピークに到着ですッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

うん。思ったより疲れてない。
これなら安心して先へ進めそう。

目指すはセンターに聳える西穂高岳山頂。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ピラミッドピークから先も細い尾根と急な斜面は健在です。
決して気は抜けません。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

狭い足場が思い出したように出現します。
体感的にはメタルスライムくらいの頻度?

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

確かに足場の悪い場所が連続しますが不安定な場所には必ずいっていいほど掴むのにちょうどいい岩場があります。
ザックが弾かれて滑落しないよう注意は必要ですが、岩場と仲良くなってバランスを取りながら歩きましょう。

また少し山頂に近づきました。
画面左側にトレースが見えます・・・がその少し右は雪庇・・・ですかね。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

乗ったら落ちるので可能な限り左によって通行します。

少し歩いたら見えてくるのがチャンピオンピーク・・・かな?

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここは左に巻いてパスします。

チャンピオンピークを超えると岩場の楽園みたいな場所に出ます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

露出した岩が多くアイゼンを引っかけやすいですが、逆に言うと急傾斜でもなく平坦な道なので意外と歩きやすいです。

その途中で振り返っての1枚。
チャンピオンピーク、ピラミッドピーク、さらに乗鞍岳まで見渡せる良ポジション。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここで朝日か夕日を迎えたいなぁ・・・と思わせる場所です。
緊張が続く独標以降ですがちょっと気を落ち着けることができました。

先に待っているのは岩場のトラバース。
まだまだ気は抜けません。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂がまた少し近くなりました。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山頂ひとつ前の峰は巻きます。
人ひとり通れる分の足場しかありません・・・おお・・・こわ・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そして遂に核心部たる山頂直下の急登に到着・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

すれ違ったお兄さんに雪の状況を聞いたところ

左側の直登部分もしっかり締まってて登りやすいし、右側の岩場部分も普通に歩けたよ
自分が登りやすいほうを現場で判断する感じです

とのこと・・・

雪がある程度乗っておりアイゼンでも問題なく歩行できそうなので岩場を選択。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

岩場の上を慎重に足を進めること約5分・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

西穂高山頂に到着ですッ!!!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

■ トドメに山頂を踏む

無理だと言われてた
夢も今はここにある
のりこえてきたんだ

そんな言葉が胸をよぎります。

人生初の穂高が一生踏むことのないと思ってた西穂高・・・
さすがに達成感ありました。

先に何人かの方が登頂してました。
「おつかれ」「おめでとう」をみなさん暖かい声をかけてくれました

これはちょっと忘れられない思い出ですね・・・

落ち着いてきたところで山頂からの景色を味わいます。

山頂からの笠ヶ岳
高低差のない稜線が非常に美しく歩きたい気持ちになります

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

気を持つなら誰にでも許されると思います(

歩いてきた稜線のまとめた1枚。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

パっと見た感じではどこに登山道あるか分からないですね。
よく無事で辿り着けたな

上高地方面にある霞沢岳。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

穂高や焼岳を眺望したいならあちらがベストかも。
山頂付近に小屋もあるみたいなので夏に挑戦してみたいです

穂高方面に寄った1枚。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

手前が奥穂、奥が前穂・・・って書くとややこしい・・・

北穂方面に寄った1枚。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

奥穂の肩越しに見えているのが北穂かな?
肩越しに見えるって響きはなんか恥ずかしい・・・

霞沢岳、乗鞍、焼岳、上高地をまとめた1枚。
上高地が谷中にあるのがよくわかりますね

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

前景を入れた笠ヶ岳

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

奥穂と前穂を合わせた1枚。
さすがにこの先にはトレースはありませんでした。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

乗鞍と焼岳に寄った1枚。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

どちらも登ったことがない山・・・ 焼岳は難しそうな地形ですがその分登り甲斐がありそう。

どこから見ても分かる尖り方をしている槍ヶ岳

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

槍ヶ岳へ通じる稜線。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

どちらも魅力的ですがだいたいいろ程度の体力では無理そうで少し悔しいところです。

山頂を全方位で味わったので下山を始めますが・・・
まずは頂上直下のほぼ垂直の崖を下る必要があります。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

アイゼンの刺さらない急な岩場よりこちらの方が安全と判断しました。

幸い他の登山者さんはいないため焦って下りる必要がありません。
油断せず、落ち着いて、三点支持を意識して少しずつ下りていきます。

さすがにここは背面向いて下りました。

登山日は雪質に恵まれており前面で降りられなかったのはここと独標直下の二箇所だけ。
山頂直下の崖を下りて一息つきます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

滑落事故の多くは下山時に起きると聞いたことがあります・・・

が!

西穂高の醍醐味は下り。
ずっと焼岳と乗鞍岳の絶景を見ながら下ることができます

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

どこをどう切り取っても絶景なんですよねー。

でもこんな足場を超えたり・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こんな稜線を上り下りしないといけないんだよなー・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

行きは楽な気持ちで登れた部分も下りだと高度感があって怖くなります。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

滑ったら「痛い」では済まないだろうな・・・思えばすごいところに来たもんだ・・・

チャンピオンピークかな?

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登ってる時は必死で気がつきませんでしたが本当に細かい登り下りがたくさんあります。
ひとつひとつが危険個所。下りだからといって油断できません。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

チャンピオンピークを下った直後の1枚。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ピラミッドピークまで続く稜線、その先に見える乗鞍岳
パチッとハマる感じがする場所です。

まだまだ油断できない足場が続きます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ピラミッドピーク手前での1枚。
乗鞍岳まで続くような稜線。地続きになる構図ばかり撮ってる気がする。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ピラミッドピークまで戻ってきました。
ここで朝日を迎えたいな。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

残る難関は独標への登りと独標からの下り。
岩場と雪のミックス地帯も後少しッ!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

独標と霞沢岳。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

独標の上に人がいることで霞沢岳がより大きく見えますね。

こちらは焼岳側。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

少し日が陰る時間。怖かったけど楽しかった登山が終わるような感覚を受けて少し寂しくなります。

最後まで油断せずが今日のテーマです。
残る二つの難所、まずは独標への登り返し!

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

見た目は急ですがちょうどいい感じのところに岩があり手を使った3点支持がやりやすかったです。

5分も掛からずに独標を登り切り、そのまま焼岳側に下ります。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

見た目も急ですが実際下りてみても急です(

背面向いて下りるのは最初だけです。写真中央の登山者さんがいるあたりから正面向いて下りられます。
そんなに長くないので落ち着いて下りれば大丈夫ッ!

独標を下りてしまえばもう難所はありません。
少しオレンジ色に染まった緩やかな稜線を歩き山荘へ向かいましょう。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

独標から30分ほどで丸山を通過。
ただいい景色を見ながら登山するの楽しいなー

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

丸山から10分ほどで西穂山荘に到着。
手も足もある状態で戻ってくることができ一安心。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

もうやることがないのでゆったりとしているとお夕飯の時間がやってきます。

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

北アルプス・・・北アルプスのメシは最高に美味しい・・・

西穂山荘のオーナーさんが気象予報士らしくお夕飯の時間に翌日の天気について解説してくれました。
早々に雲が上がってくる予報とのこと・・・今日登っておいてよかった・・・

疲れてたこともあり山荘前で星をさっくり撮影して本日の営業は終了。

Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

翌朝は御覧のありさま・・・

Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

天気がよければ丸山か独標まで行って朝日を待とうと思いましたが、さすがにその気もおきず・・・

そのままロープウェイの駅まで戻り、五体満足で・・・!足がある状態で・・・!下山することができました!

■ さいごに・・・

今回は雪質に恵まれ「残雪期の西穂高」としては比較的低難易度であったことは間違いありません。
登れたではなく登らせて貰えたが正しいとさえ思っています。

独標直下を始めとしてピッケルがないと絶対に取り付けない坂
チャンピオンピークを過ぎたあたりにあるアイゼンワークを間違えられない岩場
風が吹いただけで落ちそうになる稜線
など危険個所はたくさんありました。

でも落ち着いて登れば大丈夫。
ピッケルの使い方・アイゼンでの確実な歩行が出来れば登れます。

厳冬期の赤岳と木曽駒ヶ岳に登れれば十分に挑戦できると思います。

山頂では北アルプスの真ん中に放り出されたような開放感が待っています。
北穂・奥穂のスケールの大きさには驚かされました・・・

そんな景色が待っていた西穂高で雪山の総決算が出来た気がします。

編笠山で一息つく

f:id:daitai_Iro:20220314222904j:plain

今を投げ出してもいいくらいになりふり構わず進んでいけ
とは思わず、あまりリスクを追わずに趣味を楽しみたいと常々考えてるだいたいいろです。

赤岳・天狗岳唐松岳と強風に振り回られる登山をやってきたのでちょっと落ち着いた登山がしたくて編笠山へ行ってきました。

編笠山とは?

八ヶ岳の最南端と言える場所に聳えている標高2524mのお山です。

隣に立つ権現岳は険しく尖った形をしていますが編笠山は逆に丸くて可愛いおわん型をしています。 見た目のイメージは柔らかく、実際の登山道もそのイメージを崩すことはありません。

登山初年度に権現岳とセットで攻略し絶望を味わったのはいい思い出です( uniquepic.hatenablog.com uniquepic.hatenablog.com

不思議と冬山の情報が少ない気がしますが冬でも駐車場は整備されておりアクセスは良好です。

そんな編笠山、実際登るとどんなイメージなのか?
ちょっと振り返ってみました。

八ヶ岳らしくない?

編笠山への登山ルートはいくつかありますが、代表的なのは観音平ルートと富士見高原ルート。
コースタイムが短いのは観音平ルートですが冬は周辺道路が通行止めになります。
そのため、冬に編笠山を登るならコースタイムのんながい(長い)富士見高原ルートで登ることになります。

ということで、こちらが富士見高原さんの駐車場です。

f:id:daitai_Iro:20220309221224j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

富士見高原さんは周辺一帯をリゾートとして開発してくれており駐車場は完備・・・
登山者用に登山口に一番近い駐車場を無料開放してくれています・・・

スキー場があるため周辺道路の除雪は完ぺき・・・ッ!

圧倒的感謝ッ!!!

駐車場を出てすぐに見えるこちらの看板に従って登山口へ向かいます。

f:id:daitai_Iro:20220309221256j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

後ろを振り返ると北岳の雄姿を拝むことができます。

f:id:daitai_Iro:20220309221314j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

10分も歩かないで登山道入り口が見えてきます。

f:id:daitai_Iro:20220309221416j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

なんとぉッ!隣には仮設トイレが用意されていますッ!
神だ・・・ッ!神はここにいた・・・ッ!

f:id:daitai_Iro:20220309221438j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

圧倒的感謝(2回目)をしながら有難くお借りします。
ちなみに駐車場近辺にトイレはありません。

工事現場に仮設されたトイレです。工事が終わればなくなるかもしれませんので注意ください。

思い残すこともなくなったので登山を始めていきましょう!

登山口からしばらくはなだらかな登りが続きます。

f:id:daitai_Iro:20220309221639j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山者さんの数もそれなりに多いのでトレースは残ってます。
道も踏み固められておりアイゼンなしでも全然余裕で登れます。

10分ほど登るとぶつかるのがこの標識。

f:id:daitai_Iro:20220309221703j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

標識を見ると林道を進むように見えますが・・・ よく見るとすぐ右に曲がるトレースが・・・

そちらが正解です。

標識を過ぎるとちょっとした下りが待っています。

f:id:daitai_Iro:20220309221821j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

夏は川になっていると思われる砂防ダムの横を通りすぎます。

f:id:daitai_Iro:20220309221840j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

再び林道にぶつかります。
当然ですが編笠山方面へ進みますッ!

f:id:daitai_Iro:20220310213047j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

時刻は7時半過ぎ。
暗かった森にも光が差してきます。

f:id:daitai_Iro:20220310213516j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

これ・・・霧氷のあるタイミングで来たら最高に美しい森なんじゃない・・・?

途中にある工事中の看板。
積雪はそれなりにあるのかなーとか思いつつ横を通りすぎます。

f:id:daitai_Iro:20220310213540j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山開始40分ほどで見えてくるのが本日の目的地である編笠山

f:id:daitai_Iro:20220310213604j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

3000m級とは思えないくらい綺麗な円錐形しています。 まだしばらくは道は平坦、最後に一気に標高を上げるタイプの登山になりそうです。

植生の差でしょうか?
常に空が見えているおかげで八ヶ岳の森感があまりないです。

f:id:daitai_Iro:20220310213654j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ほら・・・こう八ヶ岳と言えば鬱蒼と茂る森からスタート!
みたいなイメージあるじゃないですか?

そんな感じはなくさわやかな森感があります

登山開始から約1時間。
山頂までの標高は残り1000mですッ!

f:id:daitai_Iro:20220310213727j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

編笠山って何気に標高差1000m以上あるのね・・・

平坦さはまだ変わらず・・・登山って感じがあまりしないです。

f:id:daitai_Iro:20220310213801j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

綺麗な朝日が差し込んでいます。
低層に雲が溜まっていないので山頂に行けば遠くまでスッキリと広がる景色が見られそう。

ずっと同じところを歩いているような感覚に襲われますがちゃんと前へ進んだようです。
残り時間が15分減ってます(

f:id:daitai_Iro:20220310213846j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ここまで登りらしい登りはないので体力は余裕あり。
コースタイムを巻くほどではないですがサクサク進んでいきます。

少し登りが始まったかなー

f:id:daitai_Iro:20220310214003j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山日は2月の終わりとは言え、そこまで冷え込まなかった日です。
それでも太陽の光を浴びると体が温まった気がします。

f:id:daitai_Iro:20220310214246j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山開始1時間。 岩小屋らしき場所を通過します!

f:id:daitai_Iro:20220310214307j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

文字が擦れててなんも読めねぇ・・・

f:id:daitai_Iro:20220310214326j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

この辺りで小休止。
登っていると暑いのですが実際の気温はほぼ氷点下。
水筒の水が冷やされてとても美味しいです

岩小屋を超えると本格的な登りが始まります。

f:id:daitai_Iro:20220310214448j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

しばらくはつづら折りの道を進んでいきます。

f:id:daitai_Iro:20220310214558j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

この辺りの雰囲気は完全に小秀山の下り・・・

f:id:daitai_Iro:20220310215011j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

いつまでも終わらないつづら折り地獄を彷彿させ寒気がします(標高が上がって体が冷えてきただけ

登山開始から約2時間ッ!
ついに山頂の文字が!

f:id:daitai_Iro:20220310215100j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

森は開放感があり八ヶ岳とは思えないですね・・・

f:id:daitai_Iro:20220310215118j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

残り300m!

f:id:daitai_Iro:20220310215824j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山道の雰囲気は終始こんな感じです。
難所らしい難所がなくとても歩きやすい・・・

f:id:daitai_Iro:20220310215926j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

八ヶ岳らしさ

常緑樹が目立ち始め森の雰囲気がいつもの八ヶ岳感をだしてきます。

f:id:daitai_Iro:20220310215959j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

これだよ・・・ッ!このジメジメ!まるで実家に帰ってきたかのような安心感です。

森の光が落ちてきて綺麗ですが、この辺りから岩場も姿を見せ始めてきます。 八ヶ岳感が高まってきた!

踏み抜きが増えてきますので注意して登りましょう!

f:id:daitai_Iro:20220310220105j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山開始から約2時間半。
遂に青空が姿を現します!

f:id:daitai_Iro:20220310220234j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

振り返ると登山開始時と変わらない北岳の姿が・・・ッ!

f:id:daitai_Iro:20220310220334j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

視線を少し左に向けると富士山。
圧倒的なまでの存在感。富士山の姿をハッキリと確認できるのは八ヶ岳の大きな魅力です。

f:id:daitai_Iro:20220310220428j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

富士山と南アルプスをまとめた1枚。

f:id:daitai_Iro:20220310220458j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

南アルプスの南方面に視線を向けた1枚。
編笠山八ヶ岳の一番南にあり視線を遮る山がない。この開放感が非常に気持ちいいです!

f:id:daitai_Iro:20220310220550j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

見た人を離さないタイプの劇的な写真は撮れません。
その変わりいつもの登山と違った優しい写真が撮れている気がします。

樹林帯を超えると山の姿は一変します。
優しい森の雰囲気はなくなり雪と岩場だけの生を感じない世界に入ります。

f:id:daitai_Iro:20220310220649j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

積雪が多かった2021-2022年。 登山ルートはまだ雪の下ということもありそこまで気を遣う場面はありませんでした。

f:id:daitai_Iro:20220310221433j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ゆったりと山頂を目指すこと約20分・・・

f:id:daitai_Iro:20220310221455j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ついに編笠山の頂上に到着ですッ!

f:id:daitai_Iro:20220313215947j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

編笠山の山頂は大きく広がっているので開放があります。
そんな山頂からは阿弥陀岳・赤岳・権現岳八ヶ岳よくばりセットを見ることができます。

f:id:daitai_Iro:20220313220023j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

一番左の阿弥陀岳からセンターの赤岳ってかなり距離あるように見えます。 夏とはいえよく歩いたな・・・

視線を少し左に向けた蓼科山方面。
地平線の彼方(そこまでの距離はない)に見えるのは北アルプス・・・アタックも驚く白さです。

f:id:daitai_Iro:20220313220114j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

富士山は山頂からも見えます。
「重いから」ってだけで手放した望遠レンズが恋しくなります(

f:id:daitai_Iro:20220313220214j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂からちょっと離れての1枚。 山頂の広さみたいなのがちょっとでも伝われば・・・ッ!

f:id:daitai_Iro:20220313220243j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂を踏んだ時点で下山を開始する人もいますが・・・それはちょっと勿体ないです。
登ってきた道と反対方向の樹林帯を5分ほど進むと・・・

f:id:daitai_Iro:20220313221350j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

権現岳の全貌が確認できるポイントに出ますッ!

f:id:daitai_Iro:20220313221555j:plain
Z9 + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

権現岳山頂に寄った1枚。
左の方が山頂っぽく見えますが右のしょぼい岩が山頂です。

f:id:daitai_Iro:20220313221627j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

権現岳への登山ルートは総合的なスキルが求められる場所。
夏に下ったことありますが確かに細い岩場をトラバース、その先は急登を下るルートだった記憶が・・・

来年の冬は挑戦してみるか。

阿弥陀岳北八ヶ岳をまとめた1枚。
八ヶ岳が望める最高のロケーションです。

f:id:daitai_Iro:20220313221845j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

権現岳への縦走路をまとめた1枚。

f:id:daitai_Iro:20220313222221j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここからでは見えませんが青年小屋手前は危険な岩場ゾーン。
アイゼンつけた状態での歩行は注意が必要です。

それなりに休憩して一回缶ジュースしたところで下山を開始です。
登山口とは違い八ヶ岳感のある常緑樹の間を抜けてまずは山頂へ戻りますッ!

f:id:daitai_Iro:20220313222434j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

5分ほどで山頂に到着。
11時の割には人が少ない気がします

f:id:daitai_Iro:20220313222500j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

これで富士山も見納め。
言葉にできないくらいの幸せを貰ったよ(大袈裟

f:id:daitai_Iro:20220313222528j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

白い衣を纏った北アルプス
どんな経験を積めば挑戦できるのか分からないですが・・・いつか写真を撮ってみたいですね

f:id:daitai_Iro:20220313222553j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

さてさて矢印に沿って下山を開始していきます。
登る時は気にならないけど下山時は高度感が気になるな

f:id:daitai_Iro:20220313222627j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

と言っても足がすくむようなレベルでは全然ないです。
どこに足を置いたら転ばないかを確認しながら下山します。

上から見下ろすと蓼科山とそっくり。
北と南で正反対の位置にあるのに似てるというのはちょっと不思議です。

f:id:daitai_Iro:20220314215819j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

しっかりと登山道が整備されていることからスイスイ下山となり山頂から1時間半程度で登山道入り口に到着。

f:id:daitai_Iro:20220314220335j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登りはじめと変わらない姿の北岳を拝み無事下山となりました

f:id:daitai_Iro:20220314220353j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

■ さいごに・・・

f:id:daitai_Iro:20220314220752j:plain
Z9 + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

とにかく・・・とにかくッ!登りやすい山でしたッ!

首が折れるような急登もなく、足が竦むような下りもない・・・ッ!
木曽駒ヶ岳のような雪崩地形でもなく天狗岳みたく切り立った崖もない・・・ッ!!
さらに登り約3時間半、下り約2時間と長すぎず短すぎないちょうどいい塩梅・・・ッ!!!

登山の辛さは極少なのに山頂から全八ヶ岳が一望できるという好立地・・・

冬山最初の一座にこれほどふさわしい山があるのか?
冬山に興味が出たらまず登って欲しいッ!!!

そう思わしてくれるいい冬山です。

唐松岳でやり遂げる

f:id:daitai_Iro:20220227193359j:plain

今日の自己採点
頑張った証

ブログ書いているだけで自分を褒めてあげたいだいたいいろです。

冬は営業している小屋も少なく、登山道へのアクセス路も通行止めになっており、
昨年と同じように行く山に頭を悩ませられる季節です。

そんな時、唐松岳攻略の拠点となる八方池山荘に3月の予約状況を確認したら、 なんと次の土曜日なら空いているというまさかの状況・・・

こういった縁を大切にしていきたいタイプなのでそのまま唐松岳に挑戦してきました。
(事前準備・下調べはしっかりやってました)

唐松岳とは

北アルプスに属した標高2696mのお山。
山体は美しい三角形をしており如何にも山ッ!という感じがします。

スタート地点と頂上付近の二か所に小屋があり、登山者も多いことから登山道は整備されており
後立山連峰の中では比較的難易度が低いとされています。

しかしそれは夏のお話。
冬は唐松岳頂上山荘は営業していないことから休憩・補給を前提として軽量登山は望めません。
気象面を見ても日本海側から強烈な季節風が吹き付けるため歩くだけで体力を大幅に削ってくるタイプの山に変身します。
感情の起伏が激しいお付き合いの難しいタイプの山ですね・・・

冬でもスタート地点にある八方池山荘は営業中です。
麓にはスキー場が併設されていることもありゴンドラ・リフトなどは完備!
スタート地点までの移動はノーストレス。 なんと標高1800m付近まで歩かなくても移動することができます!
文明って最高だぜ。なんて思いながら登山を始めることになります。

そんな冬の唐松岳・・・

どれくらいの季節風が吹き荒れるか・・・ちょっと振り返ってみました

■ 籠に揺られて

湯気で煙る幻想的な駐車場からスタートします。

f:id:daitai_Iro:20220227193756j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

概要にも書きましたが唐松岳はスキー場が併設されています。
そのためか駐車場がめっちゃくちゃ充実しています。

今回停めたところも係員さん常駐かつ路面が凍結しないよう常にお湯が出ておりました。
これ車停める位置間違えたらお湯が凍ってえらいことになるのでは?と思ったり・・・

ただの溝も湯気のおかげで絶景に変わりますね。

f:id:daitai_Iro:20220227194013j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

相変わらずスタート地点で満足できそうです(

時刻は8時前。
リフト始発は8時半ということもありすでにたくさんの人達が並んでいます。

f:id:daitai_Iro:20220227194324j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

こちらがチケット売り場。
いくつか種類がありますがリフトとゴンドラがある区間は歩行禁止なので大人しく登山者向けの八方アルペンライン往復を買いましょう。

f:id:daitai_Iro:20220227194341j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

黄色さんはなんでいるのかな?君は雪とか氷は関係ないよね?

f:id:daitai_Iro:20220227194404j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ピカ様よりイーブイの方が好きです。

登山口までの乗り換え回数は2回。
まず最初はゴンドラリフト アダム!

f:id:daitai_Iro:20220227194442j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

写真には撮れなかったのですがなんと背中合わせに二人ずつ乗る不思議タイプのゴンドラです。

高度をどんどん稼いでくれます。
文化・文明って最高。体力のなさを金でカバーしてくれる(できてない

f:id:daitai_Iro:20220227194504j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

10分そこそこで乗り換えポイントに到着です。

f:id:daitai_Iro:20220227195131j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

あー!もう既に景色が美しい・・・ッ!

f:id:daitai_Iro:20220227195230j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

次に控えるのはこちら!アルペンクワッドですッ!

f:id:daitai_Iro:20220227195250j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

一番手のアダムとは違いここからは寒空の下を生身で運ばれることになります。

f:id:daitai_Iro:20220227195347j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

寒いには寒いのですが・・・ガラスが無くなるので開放感は抜群ッ!

座っているだけでどんどん絶景に近づいていきます・・・
なんだよこれ・・・絶対美しいやん・・・

f:id:daitai_Iro:20220227195409j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

アルペンクワッドの乗車時間は5分くらいです。
下りた先で迎えてくれるのは整地された美しいゲレンデ

f:id:daitai_Iro:20220227195436j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

山荘に泊まって朝一番で滑り下りた方のシュプールかな?
白紙に筆を走らせるみたいな感じでとても楽しそう。

f:id:daitai_Iro:20220227195716j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

最後に待っているのはクワッドリフト
こちらの駅から乗ります。

f:id:daitai_Iro:20220227195733j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

もはや待っているのは天のみ。

f:id:daitai_Iro:20220227200327j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

あまりの快晴に恐怖さえ覚えます。

f:id:daitai_Iro:20220227200345j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ということでリフトを乗り継ぐこと約30分・・・
ついに登山口に到着ですッ!

f:id:daitai_Iro:20220227200429j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

人の数がエグイなー。 登山者よりスキーヤースノーボーダーさんの方が多いくらいです。

この近辺で各種装備の再点検を実施。
最初から最初まで稜線です。体が冷えることは間違いないので防寒対策は徹底しましょう

モードチェンジして、ほらパーフェクトという感じで装備を整えます。

右向いても左向いても世界が白いですね。

f:id:daitai_Iro:20220227200745j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

オープンワールドゲーのマップ端っこに来た感じがします。

f:id:daitai_Iro:20220227200828j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

知ってますか?
飴を舐めながら雪を食べるとかき氷の味がするんですよ?
なんてくだらないけど心理を突いたことを考えたりします。

ではでは稜線の攻略に取り掛かりたいと思いますッ!

■ 風に吹かれて

八方池山荘から唐松岳頂上までのルートはたった一つ。
みんながみんな同じ方向へ進んでいきます。

スタート地点から人も多いのでまず迷うことはないと思います。
この辺りは風も吹いておらず「もしかして・・・当たりの日を引いたか?」と思います。

最初から登りは若干急です。

f:id:daitai_Iro:20220227200945j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

スキーやボードを担いで登るのさぞ大変だろうな(首から約1.5kgの物体を下げながら

f:id:daitai_Iro:20220227201111j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

10分ほど歩いたところで一旦登りは終わりかと思いますが・・・

f:id:daitai_Iro:20220227201012j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

まだ登れまーす(

f:id:daitai_Iro:20220227201055j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

進行方向左手に見えているのは五竜岳鹿島槍ヶ岳かな?
どちらも冬は登れる気がしない山・・・ただこうやって見てしまうと登りたくなってしまいますね

f:id:daitai_Iro:20220227201132j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

季節は1月末。
しっかりと冷え込んだため雪は締まっています。

スキーで登っている人は踏み跡のない場所を選んで歩いている模様です。

f:id:daitai_Iro:20220227201422j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

背景にある五竜岳との組み合わせが冒険感を出してくれます。

登山開始から約20分。
最初の登りの終わりと同時に姿を見せるのが・・・唐松岳・・・?どれ?ピーク多くてわからん・・・

f:id:daitai_Iro:20220227201546j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

という困惑もあるのですが何よりビビったのが左上の雪煙。

そう唐松岳名物の季節風はしっかり健在でした(
開始1時間くらいまでは標高も低くそこまで風の影響をうけません。

これからこの雪煙の中に飛び込むかと思うと震えてくるじゃねーか(

f:id:daitai_Iro:20220227201816j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

他の登山者さんの後を追うように山頂を目指します。

みんな凄い馬力で登っていきますがだいたいいろのペースは本当に遅いです。
写真撮ってるとかそんなレベルじゃない・・・たぶん体が登山することに向いてない(
悲しくたって悔しくたって未来にちょっと夢を見ているのでまだ登山は続けます

登山開始から約30分で第二ケルンに到着。

f:id:daitai_Iro:20220227201837j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

すぐそこに見えるのは八方ケルン。
広い稜線が続く山なので見通しがよすぎて逆に迷う人が多かったのでしょうね。ケルンがこまめに設置されています。

f:id:daitai_Iro:20220227212438j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

八方ケルンの手前もそこそこの登り坂です。

f:id:daitai_Iro:20220227213236j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

この辺りから・・・
季節風が襲い掛かってきますッ!

f:id:daitai_Iro:20220227213311j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

冷える・・・ッ!ここまで登ってきて温められた体が急速冷却されます。
この冷え方ならM.A.P.Eずっと続けられるんじゃねーかと思えるくらい冷えます。

装甲を剥離できないので質量を持った残像は作れないです・・・

御覧頂いてわかる通り、ここから先には風を遮るものはありません。

f:id:daitai_Iro:20220227213950j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ゴーグル・バラクラバ・ハードシェルのフードなどを活用して万全の防風対策をッ!命にかかわりますッ!

f:id:daitai_Iro:20220227214513j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

突風が吹き荒れる中歩くこと約10分。
第三ケルンに到着。

f:id:daitai_Iro:20220227214552j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここからが唐松岳の本番ッ!
まずはひたすら登って画面右上の丸山ケルンを目指します!

f:id:daitai_Iro:20220227214657j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

季節風は絶好調。
稜線全ての雪を飛ばす勢いで吹き付けてきます。

f:id:daitai_Iro:20220227214723j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

手渡せない言葉があるの
もうずっとこのまま立ち止まっているよ

そんな言葉が頭をよぎります・・・
なぜかって?

・・・
・・・
・・・

時折本当に強風が吹くためたびたび足を止めて耐風姿勢を取るからだよッ!

風強すぎて死ぬかもしれんッ!!!

見てよこの雪ッ!
晴天だけど目の前が真っ白だよッ!

f:id:daitai_Iro:20220227214836j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ボードとかスキー板は風の影響をモロに受けるので怖いだろうなぁ

それでも快晴は快晴。
冬の唐松岳でここまで晴れるのはまれ。絶対に山頂を踏みたいッ!

f:id:daitai_Iro:20220227215004j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

未来の風はいつだって
私たちに向かって吹くッ!

そんな乙女ストームに吹かれていると申し訳程度の樹林帯に到着。

f:id:daitai_Iro:20220227215027j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

夏は葉が茂り風から登山者さんを守ってくれるのでしょうが季節は冬。
隙間しかない状態なので突風は変わらず(

f:id:daitai_Iro:20220227215114j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

休憩・・・休憩する場所が欲しい・・・

風が強い日の唐松岳は本当に休憩に適した場所がありません。
基本ずっと稜線なので常に強風に体を晒すことになり、休憩=体温の低下につながります。
体力を回復したくて休憩するのに低体温で体力を奪われる・・・という意味の分からない状態になるのでご注意をッ!

舞い上がる・・・雪煙が・・・幻想的・・・

f:id:daitai_Iro:20220227215345j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

足元を見るとこんな感じです。
ライブ演出で湧き上がってくるドライアイスみたいですね(

f:id:daitai_Iro:20220227215413j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

申し訳程度の樹林帯が終わると同時に稜線に向かっての登りが始まります。

f:id:daitai_Iro:20220227215508j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雪煙の量から風の強さが伝わるかと・・・

f:id:daitai_Iro:20220227215530j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

雪は締まっているのでアイゼンはよく効きます・・・が風でバランスを崩しがちです。
転んだら痛い!では済まないのが雪山。本当に注意ですね

登山口から約1時間半。
ここからしばらくは細めの尾根を歩くことになります。

f:id:daitai_Iro:20220227215725j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

左側にちょっと雪庇が出来ていますね。
人も多くトレースもしっかり残っているので踏み外す心配は少ないです。

右側を見れば白馬岳とそこへ向かうための稜線。
歩きたい気持ちにさせる形してますね。

f:id:daitai_Iro:20220227215958j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

日帰り唐松岳チャレンジの目安にとなる丸山ケルンは画面右側の高い部分かなー?

f:id:daitai_Iro:20220227220018j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登山開始からずっと稜線が続くのでさすがに飽きてきた・・・

一つ丘を越えると・・・

f:id:daitai_Iro:20220227220545j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

二つ丘が増える・・・

f:id:daitai_Iro:20220227220938j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

細かい登りと下りが繰り返されるの心が折れてきます

相変わらずの爆風。

f:id:daitai_Iro:20220227220850j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

真ん中に見える尖った部分が唐松岳山頂かな?

f:id:daitai_Iro:20220227220629j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

もう見えてるから近いぞッ!

登山開始から約2時間。
丸山ケルンを通過しますッ!

f:id:daitai_Iro:20220227221033j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

画面中央右側が山頂か・・・後少しッ!!!

まだ2時間しか歩いてのに疲労困憊。これが風の力か・・・
風の戦士じゃないから体力持っていかれる一方です・・・

後続の登山者さんにどんどん抜かされていきます・・・

f:id:daitai_Iro:20220227221225j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そういえば唐松岳頂上山荘ってどこにあるの?
そろそろ姿を見せてくれてもいいのでは?

弱音が喉を通して空気を震わせている間にピークにだいぶ近づきました。

f:id:daitai_Iro:20220227221407j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

あと少し・・・あと少しで山頂だ・・・
画面右側の尖った部分に着いたら下山できる・・・ッ!

上着いた時点での快晴は確実。
あとはだいたいいろが頑張るだけで絶景が見れるぞ。

五竜岳がだいぶと近くなりました。
こんなに格好いい山にまだ登ってないとか・・・夏に登るぞ・・・ッ!

f:id:daitai_Iro:20220227221442j:plain
Z9II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

もう何個目なのかもわからないくらい丘を越えてきましたが・・・
まだ細かい登りが続きます。

f:id:daitai_Iro:20220227221857j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

この時点で時刻は12時過ぎ。 日帰りなら撤退を視野に入れる時間ですが今回は小屋泊ということもありタイム的にはまだ余裕があります。

見えてる場所ならなんとかなるッ!
そんな気持ちで足を進めていきます。

ここに来るまででかなり登ったのにまだ登るのかッ!

f:id:daitai_Iro:20220227222003j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そんなことを考えつつも岩に噛り付くようにして少しずつ標高を上げていきます。

標高を上げた先で待っているのはさらなる登り。

f:id:daitai_Iro:20220227222053j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ここ1時間くらい景色が変わってないような錯覚を覚えます。

この辺りの岩場は数少ない防風スポットです。

ここを超えてしまうと山頂まで風を防げる場所はありません。
休憩その他は済ませておきましょう。だいたいいろはそのまま進んだので山頂でフラフラになりました(

そんな登りもいつか終わりますッ!
これで山頂だッ!という気持ちでピークを超えると・・・

f:id:daitai_Iro:20220227222142j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

展望が開け北アルプスが登山者を迎えてくれますッ!

f:id:daitai_Iro:20220227222243j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

やったー山頂だッ!と思うじゃないですか?
でも思い出してください・・・ここに来るまでに必ず通るはずの唐松岳頂上山荘をまだ見てないですよね?

そう・・・山頂はこの先にありますッ!

f:id:daitai_Iro:20220227222315j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

(*>△<)<クショがーーーーーー!!!

はい、大きく叫んでスッキリしました。
感情データはひそやかに動いたりしないのでたまには大きな声出してストレス解消しましょう(

気を取り直して山頂へ向かいます。

それでもここから山頂まではコースタイムで20分。
見た目に反して時間はそれほどかかりません。

ちなみに頂上山荘はこちら。
ピークの裏側にあるので登攀途中に見えるわけないんですよね・・・

f:id:daitai_Iro:20220227222536j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

登り返すのは心折れますが一旦標高を下げます。
風の影響か雪がかなり薄く岩の上を直接歩いているような感じです。

f:id:daitai_Iro:20220227222603j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ちょうど前を行くパーティも盛大に転び膝を打ったのか撤退していきました・・・
山頂手前での撤退は泣くに泣けないので細心の注意を払い進んでいきます

登り返し地点から見上げた1枚。
ここに来てこの傾斜・・・ッ!正直キツイ!

f:id:daitai_Iro:20220227222628j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ラスボスは手強いタイプとイベント戦闘でチョロいタイプがいますが、
唐松岳は前者の手強いタイプのようです。

15分程度登り山頂直前の1枚。

f:id:daitai_Iro:20220227222651j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

この辺りはとにかく雪が柔らかくて苦戦しました。
手を置けど足を出せど雪が崩れていきます・・・パワーで乗り切れないので溺れるように乗り越えていきました・・・

登山口から約3時間半・・・ついに山頂到着です!

f:id:daitai_Iro:20220227222716j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

■ 山頂で圧倒されて

登山開始からずっと強風を受け続けて体力は下限値を振り切りヘロヘロですが・・・
山頂からの景色を見ると思わず笑みがこぼれます。

五竜岳に寄った1枚。

f:id:daitai_Iro:20220227222751j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

左手側の稜線は登る時に見てきた唐松岳頂上山荘に繋がっています。
気持ちのいい稜線が続いていますね

北アルプスの王者たる剱岳
標高もありますが尖った山体はどこから見ても目を引きます。

f:id:daitai_Iro:20220227222817j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

だいたいいろのクソザコ体力では夏でも三泊四日は必要かな。
冬は足を向けることもできない・・・

何山か分からないけど格好よかったので撮影した1枚。

f:id:daitai_Iro:20220227222845j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

全天周囲に白い世界が広がります。

f:id:daitai_Iro:20220227222944j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

唐松岳頂上から見た頂上山荘。

f:id:daitai_Iro:20220227223004j:plain
Z6II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

夕日も星も朝日もなんでも撮れることが間違いない立地。
今年の夏は絶対に泊まる・・・ッ!

山頂から五竜岳に繋がるようにまとめた1枚。
超広角で地面を入れる構図が好きな自分にとっては定番の1枚です。

f:id:daitai_Iro:20220228195324j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

これから下山する八方池山荘方面。
山頂から八方池山荘は見えないです。

f:id:daitai_Iro:20220228195354j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂標識と北アルプスをまとめた1枚。
剱岳に挑める日はくるのか・・・

f:id:daitai_Iro:20220228195449j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

北アルプスに囲まれている色々な気持ちが浮かんできます。
が、ここは風を遮るものがない山頂。
停滞しているだけで体力をゴリゴリに持っていかれます。

f:id:daitai_Iro:20220228195513j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

死ぬ前に撤退したいと思います。

先行している下山者さんもモフモフの雪に苦戦しています。

f:id:daitai_Iro:20220228195542j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登るのは一苦労なのに下るのは割と一瞬でした。
下りモードの体にはこのちょっとの登り返しが本当に辛い

f:id:daitai_Iro:20220228195618j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

いつもなら下山はかなりのスピードが出るのですがこの日はヘロヘロだった模様。
まったくスピードが出ません・・・

f:id:daitai_Iro:20220228195650j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂から約1時間。
ほぼコースタイム通りに丸山ケルンを通過。

f:id:daitai_Iro:20220228200031j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

丸山ケルンを超えると見えてくるのが申し訳程度の樹林帯。
傾斜が急なのはここまで。

f:id:daitai_Iro:20220228200130j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

時刻は14時過ぎ。
日もかなり傾いてきてコントラストが強く出てくるようになります。

f:id:daitai_Iro:20220228200158j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

ただただ真っ白だった世界に影が付きます。
なんだかその景色が怖く見えたりしませんか?

そんな下山途中には立派な一軒家が・・・
こんなところにマイホーム持てるとか羨ましいぞ

f:id:daitai_Iro:20220228200225j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

朝はあんなにいたスキーヤースノーボーダーさんはどこに行ったのかな?
だいたいいろが登山している間に世界は滅んだのかな?
と最近の中学生でも想像しないようなことが頭をよぎります(

f:id:daitai_Iro:20220228200303j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

未練がましく振り返っての1枚。

f:id:daitai_Iro:20220228200341j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

登山の難易度としては厳冬期赤岳の方が上だったけど、体力的にキツかったのは間違いなく唐松岳
身をもって風の怖さを知ることができました。

そんな登山もあと少しで終わりです。

f:id:daitai_Iro:20220228200458j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

山頂から約2時間で見えてくるのが・・・

f:id:daitai_Iro:20220228200425j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

本日のお宿八方池山荘ですッ!
(なぜか写真撮り忘れてた・・・)

ヘロヘロになりながらなんとか到着です。

到着時刻は15時ジャスト。 ギリギリでリフトに乗れるタイミングです。
今回は運よくノートラブルだったので間に合いましたが何か起きた場合、間違いなく取り残されていたでしょう・・・

本当に雪山に慣れ体力に自信がある人ではないと日帰りは難しい山だなと感じました。
なので少しでも不安を感じた場合は小屋の予約が絶対ですッ!
予約が取れずに挑戦するならピークハントを狙わないくらいの気持ちが必要、かな

そんなことを思いながら小屋の受付を完了・・・

あとは談話室でお菓子を食べながらアルスラーン戦記(最新刊まで完備!)を読みふけります・・・

アルスラーン戦記の原作ってそれほど文章量がある訳でもなく描写に厚みがある訳でもない・・・それを漫画に落とし込める荒川弘さんってスゲーなとここでも圧倒されます。
原作者である田中芳樹さんが作家として成熟したタイミングの作品ということもあり、一文に込められている情報量がとにかく多い。
文章量からは考えられないくらいキャラが動きストーリーが展開していく超名作なので原作・漫画版ともに読むことを強くオススメしたいです。

原作は小説ですが1冊あたりのページ数は少なく、また文章は分かりやすいこともあり非常に読みやすいです。
小説苦手な方でも問題なく読めると思います。

イノケンティス王がタハミーネにうつつを抜かしていたら時刻は夕方。

アンドラゴラスタハミーネって不思議な関係ですよね。
タハミーネからしたら息子の情報が欲しいので絶対に殺せない・・・結果として最高の伴侶となる・・・ アンドラゴラスも各種裏工作していたりと気をつかってる様子があったり・・・
互いに思惑を超えた何かがあったのかもしれませんね

最高のアーベントロートを眺めるだけの気の抜けた時間が過ぎていきます。

f:id:daitai_Iro:20220228200843j:plain
Z7II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

何山かも考えないでただ綺麗だなー、と

燃えるような夕焼けよりこんな低コントラストな夕焼けの方が好きです。

f:id:daitai_Iro:20220228202912j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

下層の雲は溜まっていますがかなり薄く時折地上が姿を見せてくれます。
このくらいのかかり方なら幻想的でよいです。

f:id:daitai_Iro:20220228202939j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

五竜岳方面の1枚。

f:id:daitai_Iro:20220228203009j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

勇敢な命知らず達の足跡が目を引きます。

f:id:daitai_Iro:20220228203127j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

最高の天気で山頂が踏めて、さらに最高の夕焼けを見せてくれる。

f:id:daitai_Iro:20220228203154j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ありがとう唐松岳・・・全てが最高だったよ・・・

f:id:daitai_Iro:20220228203214j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

もう強風のことは忘れた・・・だって小屋の前では吹いてないから(

■ やり遂げた朝を迎える

もうやることのない朝・・・ものすごくゆっくり起きました。

そして朝ごはんを頂いた後に窓から見えた景色がこちらです。

f:id:daitai_Iro:20220228203831j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

この日は天気が崩れる予報でしたが、どうやら朝一番は持ってくれそうです。

f:id:daitai_Iro:20220228204216j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

リフトが動き出すまでやることがないので優雅に朝焼けを撮影したりしましょう。

f:id:daitai_Iro:20220228204259j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

主題とか副題とか関係ないです。
ただ綺麗だから撮る・・・そんな感じで撮影を続けます。

f:id:daitai_Iro:20220228204335j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

今朝から唐松岳を登る人を捉えた1枚。
無事に山頂に辿り着いて下山できますように

f:id:daitai_Iro:20220228212637j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

リフト乗り場に反射した朝焼けを撮影した1枚。

f:id:daitai_Iro:20220228212655j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

時刻はまだ6時半。 それなのにリフトのスタッフさんはもう準備を始めていました。
本当にありがとうございます。

月の明るさと空の暗さ、そこに雪の白さが混じりあって別の惑星に来たみたいにも感じます。

f:id:daitai_Iro:20220228212841j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

日の出直前の朝焼け。
日が差さない町の暗さがより朝焼けを鮮やかに見せてくれます。

f:id:daitai_Iro:20220228212907j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

リフトと朝焼けをまとめた1枚。

f:id:daitai_Iro:20220228212938j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

時刻は6時50分。

f:id:daitai_Iro:20220228213013j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ついに日の出を迎えます。

f:id:daitai_Iro:20220228213731j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

世界がオレンジ色に染まっていきます

f:id:daitai_Iro:20220228213826j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

絶対に疲れることはしない・・・昨日やり遂げただいたいいろ達はそんな固い意志を持って色が濃くなっていく世界を撮影します。

f:id:daitai_Iro:20220228213900j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

唐松岳山頂方面の月。
月はいつでもそこにあるから。

f:id:daitai_Iro:20220228214028j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

リフトの稼働準備も着々と進んでいるようです。

f:id:daitai_Iro:20220228214110j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

誰もいないスキー場はどこか寂しいです。
あと2時間もしないでにぎやかになるとは思えないです

f:id:daitai_Iro:20220228214145j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

日の出から約10分。
早朝に出発した登山者さんたちの踏み跡がくっきり浮かんできます。

f:id:daitai_Iro:20220228214235j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

月に向かって進む登山者さんを撮影した1枚。

f:id:daitai_Iro:20220228214340j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

今回もdocさんと一緒でよかった・・・一人だったら強風に負けて諦めたかも・・・

今日も風は強いです。
八方池山荘前でもときおり雪煙が立ち昇ります

f:id:daitai_Iro:20220228214450j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

立山方面を捉えた1枚。
低い雲のオレンジ色と青い空のトーンが美しいです。

f:id:daitai_Iro:20220228214520j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

日の出ってどこで見ても美しいです

f:id:daitai_Iro:20220228214615j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

そんな感じで撮影してるとリフトも稼働を開始。

f:id:daitai_Iro:20220228214743j:plain
Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

続々と上がってくる人達を横目に無事下山いたしました。

f:id:daitai_Iro:20220228214826j:plain
Z6II + NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S

■ さいごに・・・

f:id:daitai_Iro:20220228214934j:plain
Z7II + NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

厳冬期の北アルプス季節風がヤバイ
それを身を持った理解することができました。

しかし待っている景色は最初から最後まで絶景。
ずっと稜線を歩くことになるので美しい景色が飽きるまで続きます。

いや本当に飽きました(

道中だけではなく山頂からの景色も絶景。
北アルプスが一望できるような景色が向かえてくれますッ!

無理かもしれないと何度も思いましたが登頂できてよかった・・・

冬はゴンドラ・リフトの始発時間が9時、終発が15時です。 だいたいいろ達の行動時間は約6時間だったので日帰りの場合は本当にギリギリのタイミングになったと思います。

行動時間もありますが八方池山荘から見る夕暮れ・夜明けは世界を変えてくれるくらいのインパクトがあります。

道中の景色、山頂からの景色、小屋前からの景色
それら全てが味わえる小屋泊で唐松岳を楽しんでもらいですッ!